ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



爆弾低気圧被害

今日は、ランチの出足が遅く、
13時過ぎからランチやらお茶のお客さまが、
次々とご来店。

2Fは、パパ、ママ、お子さま他の皆さまがご利用。
1Fも、お世話になっている方が、
九州から来県されたお友達の母娘さんを、
わざわざお連れくださったり、
常連の方々も、お昼にお茶にといらしてくださって、
夕方まで賑やかな一日となりましたねぇ。

ご来店の皆さま、ありがとうございました!

ところで、一昨日の「爆弾低気圧」の破壊力は、
すごかったですねぇ。

当店の薪小屋も、ご多分にもれず、被害を受けました。

低気圧が過ぎ去った4日昨日の薪小屋の様子。
P4048344.jpg
すでに造って5、6年が経っている小屋で、
釘の頭が錆びついて弱ってた場所から、
暴風に耐えきれず波板が剥がれてしまったそう。

まあ、今回の暴風雨が無くても、
プラスティックの波板も劣化し始めてて、
そろっと直さなければならなかった所。
剥がす手間は省けたともいえますが。

オーナーたちは、低気圧が過ぎ去った翌朝は、
まだ薄暗いうちから店の周り、ご近所を周って、
剥がれ飛んだ波板を回収して歩いたとか。

午前中には、父は資材を買いに「コメリ」さんへ。
一番安い一枚500円の波板は、すでに売り切れ。
多くの場所で被害が出たのでしょうねぇ。

昨日は夜にも雨の予報だったので、
何が何でも屋根をつけねばならず、
仕方無く、一枚700円の板を購入し、
釘も今度は錆びにくいステンレス製にしたそう。

昨日は全体の2/3ほどを仕上げ、
今日も丸々一日かけて仕上げてくれました。
P4058353.jpg
さすがA型、仕事がキレイです。

が、作業が終わることには、
さすがに寒さと疲労で何度か足を踏み外し、
ズボンをぱっくり破り、太もも裏になどに、
大きな擦過傷を負ってましたねぇ。

年齢を考えれば、足場も悪い中、
やり遂げたというのは、すごいことです、まったく。

資材代は、全面張り替えで2万3千円・・・。
思わぬ出費で、正直ガックリ来ましたが、
まあ、業者さんにお願いしたら、
手間賃で別途5万はかかっただろうから、
それを考えたら、ほんと格安で済みました。

次に張り替えが必要な時は、
今度は私が自分でやらないとですねぇ。
今のうちにやり方、習っておかなくては。
スポンサーサイト