ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



3歳の頃の記憶

今日も、2Fはママさん&お子さまのランチに、
1Fも常連さまやお久しぶりの方々が、
次々いらしていくださってランチ。

皆さま、ありがとうございました!

ところで・・・・
開店するとすぐにいらしたご夫婦さま。
「展示を観に・・・」
といらしたのですが、一通りご覧になると、
本日のランチを尋ねられました。

オーダーを伺って、用意しようとキッチンへ入ると、
「○○さん?」
と奥さまの方から声をかけられました。
「はい、そうですが・・・」

マスクをしてらしゃったのですが、
拝見する限り、見覚えも面識の記憶もないお客さま。

「あなたに会うの初めてじゃないのよ。
昔会っているのよ」
「はあ・・・」

阿賀町?の方からいらっしゃったそうで、
当店でもお世話になった作家さんから、
当店のことをお聞きになったそう。

「私が『○○保育園』で昔働いてた時なんだけど」
「(○○保育園・・・?)」
「あなたが3歳くらいの時だから・・・
どんな顔になったかと思って見に来てみたんだけど」
「・・・そうだったんですか。
もう歳とって昔の面影も無いですけど(笑)」

あろうことか「○○保育園」と聞いても、
自分がお世話になった保育園だと全く気づかず・・・。

というか、残念ながら、
その保育園の記憶がほとんどありませんでしたねぇ。
後で母に聞いたら、
そこの保育園には1年も通っていなかったそう。

「顔がどんなに変わったか見たい」だなんて、
数十年前の園児の顔を覚えてるってことだし、
「○○ちゃんも一緒で」
と一緒に通園していた姉妹の名前まで・・・。

保育園の保育士さん?って、
数十年前に一時でも通っていた園児のことを、
鮮明に覚えているものなんですねぇ。
沢山の園児が他にもいたはずだから、
スゴイ記憶力・・・。
オーナーとは大違い(笑)。

「それに、藤田先生の展示というのもあって。
本を持ってるので、観に来ました」
とおっしゃってましたが、
わざわざ遠方よりご来店頂きまして、
ありがとうございました。

それにしても、過去の自分、しかも数十年も前の、
自分ですら記憶の無い自分のことを、
「知っている」という方に会うのは初めてで、
なんだか妙な感じで、どう対応していいやら・・・。
お店をやってなかったら、出来なかった体験でした。
スポンサーサイト