ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



大反省日

今日も横山さんのお客さまが、
開店と同時にほんと沢山ご来店。
全員が若い女性の方々で、
ナチュラルな横山さんのファンだけあって、
みなさん素敵なお姉さんという感じで、
店内はなんとも華やかな雰囲気となりました。

また2Fでは、ママさんグループのランチや、
午後からは、水墨画教室の生徒さん8名が、
展示会場の下見にいらしてくださって、
今日もまた大変忙しいお昼時となりました。

中には、ランチにいらしてくださったのですが、
駐車場が空いてなかったり、
急ぎのお食事に対応できなかったりして、
常連のお客さまを4、5名お返ししてしまい、
誠に失礼をいたしました。

閉店までご来店くださった皆さま、
誠にありがとうございました!

ところでランチタイムに、
全部のランチ、ドリンクを出し終わり、
洗い物をし始めて時折店内を見渡すと、、
テーブル席で休憩中のご注文が無かった方々と
何度も目が合う・・・・

「ん?おかしいな・・・」
と思い、オーナーに確認すると、
「あちらからはオーダー頂いてないよ」
とのこと。

そうこうしていると、
遅めのランチの方々がいらしてので、
オーダーに取りかかり始めたら・・・

「トマトのパスタ、まだですか?」
と早々にいらした横山さんのお客さま!
確認したら、他にもまだ出てない方々が。

結局4名さま分のオーダーが出ておらず、
すでに1時間以上お待たせしている!

いそいでオーナーが書いた伝票を確認しても、
どれがどのテーブルのものか分からないし、
そもそも注文票がないテーブルも。

いつも伝票には、
知人・常連の方のお名前を書いたり、
初めての方は特徴や雑談内容などを書いて、
伝票とテーブルを識別してるのですが、
今日は全テーブルが初めての方々で埋まり、
オーナーが書いたすべての伝票には、
オーダー品のみしか書かれていませんでした。

そして何よりも、きちんと対面して、
オーダーを受けたはずのオーナーが、
「あちらのテーブルのお客さまからは、
注文は頂いてないわよ」
とオーダーを受けたことすら覚えていない!

『70になった途端、マジでボケたか・・・』
と一瞬背筋が寒くなりましたねぇ。

開業前、サービス業が初めてのオーナーに、
注文の取り方のシミュレーション練習なんかやって、
伝票の書き方ではテーブル番号も決めたのですが、
テーブル番号なくとも間に合ったこの6年間。

オーナーとは、明日から、
「各テーブルに番号を決めて伝票を識別する」
と取り決めました。

また、急いで遅れたオーダーをご用意したものの、
さらに不手際が重なって、
一部のお客さまには大変失礼な事態とになり、
本当に重ね重ね不愉快な思いをさせてしまい、
誠に申し訳ありませんでした。

今日は、開店以来無かった不手際を、
立て続けに起こしてしまい、
しかも横山さんの大事なお客さま方に、
不愉快な思いを多々させてしまい、
当店だけがその結果責任を負うならまだしも、
横山さんにご迷惑おかけすることに・・・。

ほんと開業から6年間で、一番へこみました。
体も正直で、お店が終わった途端腕に蕁麻疹・・・。

ただ、声を荒げたりする方はお一人もおらず、
ほんと寛大なお客さまばかりで、救われました。

原石、天然石を愛する方は、
心が清らかで穏やかでらっしゃるんでしょうねぇ。

今日は、忘れたくても絶対忘れてはいけない、
お店を続ける限り省みなけらばならない日となりました。
スポンサーサイト