ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



北京・故宮博物院展&梅シロップ

今日は定休日。

久々に休日に早起きして(笑)、
知人の方と8時に店前で待ち合わせ。

長岡にある県立近代美術館で開催中の、
「地上の天宮 北京・故宮博物院展」
に行ってきました。
201207県立近代美術館「北京故宮博物院展」
9時半に現地に着いたのですが、
駐車場は満車に近い状態で、観光バスも4、5台!
やっぱり3連休のど真ん中ですねぇ。

いつも新しい展示が決まると、
美術館さんの方からポスターとチラシが届き、
店頭掲示のご依頼文とともに、
「招待券」を頂くのですが、
いつも来ることができず、残念ながら無駄に・・・。

今回の故宮博物院展でも招待状を頂いていて、
去年北京に行った時に「紫禁城」は入らず、
北側にある「景山公園」の人工的!に造られた山頂から、
その壮大な姿を眺め見ただけだったので、
興味はとてもあったのですが・・・。

先日栃尾の叔母が来た時に、
「多分行けないから、よかったら観に行って~」
とあげてしまったばかり。

なので、今回は自腹です(笑)。

ちなみに、チケットは、大人1100円。
が!チラシの裏に「割引券」が付いており、
1枚に付き5名までが100円引きとなります。
当店店頭にもチラシが多少残っていますので、
ぜひ行かれる方は、お使いくださいませ。

展示の内容の方はというと・・・・

中国の名品、宝物はもちろんのこと、
紫禁城で生きた皇妃たち女性や、
子どもたちの生活ぶりを垣間見れる品々が展示。

子どものおもちゃや勉強道具、
美顔マッサージローラー!など、
日常使いの品々もあって興味深かったですね。
しかも、どれも高級素材を使ってて、
やっぱり庶民とはかけ離れた贅沢ブリ。

他には、海外初公開の名画や、
「国家一級文物」と書かれた品々は、必見!

特に焼き物などに描かれた絵柄の繊細さったら!
こんな細かいの見たことない!っていうくらい、
細く繊細な線なのに、とても美しく描き込まれてて、
『これが中国4千年のなせる業なのねぇ』とため息。

連れが出てくるのを待つ間、
「国家一級文物」だけもう一度駆け足で観て回り、
世界最高峰の「美」たるものを目に焼き付けてきました。

北京の故宮博物院の宝物は初めてですが、
実は、台湾にも「国立故宮博物院」があります。

こちらの博物院は、
「中国美術コレクション」では「世界一!」
という声も聞かれる美術館で、
ヒスイでできた「白菜」や「豚の角煮」が有名。

所蔵品をすべて見るには、8~10年かかるとも言われ、
「世界4大美術館」の一つと言われています。

実は、過去に2回ほど行ったことがあり、
特に最初に観に行った時の衝撃たるや・・・・。

4千年に渡って贅をつくしまくった名品の数々に、
ただただ圧倒されて、視覚はほとんどマヒ。
脳も視覚情報を処理しきれず、パニック状態でしたねぇ。

ここ数年かかってようやく法的整備が整い、
「国立故宮博物院」の「白菜」や「豚の角煮」が、
近々日本ににもやって来るらしいですが、
行ける方は、ぜひ観に行ってください!

というか、本当のおススメは、
やっぱり台湾へ行って、
「国立故宮博物院」を観て来て欲しい!ですが。

「地上の天宮 北京・故宮博物院展」の方は、
1時間ちょっとで観終わって、
朝から何も食べずだったのでお腹もすいて、
車を出してくれた方にお礼もかねて、
2Fのレストランでランチすることに。

料理が出てくるのを待ってる間、
展示の余韻冷めやらぬうちに、
北京に行った時に携帯の動画で撮影してきた、
「景山公園」から見える広大な「紫禁城」の眺めや、
「頣和園」内にあるアジア最古?のオペラハウスで、
当時さながらに踊り子が踊るショーを撮って来た動画を、
久々に再生しては、みんなで鑑賞。

お料理の方は、
小エビのチリソース風カレー(980円)
201207県立近代美術館レストラン1

201207県立近代美術館チリソース風小エビカレー
頼んだ人は、「え?!これだけ?」
と言ってましたが、少し量が少ない・・・?

味は、インド的な味があまりしなくて、
エビチリのような味・辛さの中華風カレー。

私は、久々にお肉を食べることに。

回鍋肉セット(1050円)
201207県立近代美術館レストラン1

201207県立近代美術館回鍋肉セット
無難なお味。
私なら、もうちょっと甜麺醤とか入れるかなあ・・・。

もう一人の連れの方は、
「小エビの翡翠パスタ~バジルソース~
(サラダ、スープ付き)」(980円)を注文。

スープスパって感じでしたが、
あまりバジルの色がスープに出てなくて、
「翡翠」って感じはあまり出てなかったなあ。
でも「香りはする」って言ってましたねぇ。

食後、230円を別途払うとドリンクをつけられます。

食事は、私がご馳走するということで、
コーヒーを飲みたい人は、各自で注文。

久々に、外で外食すると、色々勉強になります。

帰りは、万代で下してもらって、
久々に万代をぶらぶら。

帰りに、ラブラ万代の地下へ寄ると、
「青梅」と「赤シソ」が売ってたので購入。

店に戻って、今年初の梅シロップ作り!
20120715梅シロップ初仕込(2012)
2キロをいつものように氷砂糖で、
黄色くなった梅を選り分けて1キロ分は、
今年初めて黒砂糖で漬けることに。

梅シロップと紫蘇ジュースだけは、
時期を逃すと作れないので、
「早く仕込まなきゃー」とずっと思ってたので、
やっと果たせて一安心。

紫蘇は、レシピがないので、明日処理することに。

今日は、連れて行ってもらったおかげで、
朝から長岡まで行って、帰りは万代をぶらつき、
念願の梅シロップまで仕込めて盛りだくさん。
久々に長い一日で、まさに「早起きは・・・」。

って、来週から早起きするかっていったら、
多分何もなければ、昼過ぎまで寝てますね、きっと(笑)
スポンサーサイト