FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



7年の経験知

今日も2Fはお久しぶりのママ&お子さまのランチに、
1Fも常連の方々やお久しぶりの方々や
展示を観にいらっしゃる方々などが次々ご来店。

今日は、前のオーダーを出し終わると、
次オーダーが入るという風に、
皆さまのご来店時間がばらけたこともあり、
また、2Fの4人のママさんたちが、
全員で同じメニューをご注文くださったので、
お待たせすることなく、すぐにお出しできましたねぇ。

今日は、皆さまのおかげで、お客さまの数の割に、
頭に血が上る事も無くて(笑)、平穏な一日でしたねぇ。

ところで、今日は、
趣味で作った品を持参された方が・・・。

何のアポも、事前の相談も打診もなく、
「作ってみたんだけど、これ、ここで売れないかしら!」
「え?!、うーん・・・」
「いくらくらいないなら、売れそう?」
「うーん・・・・」
「まず置いてみて、
お客さんに『いくらなら買うか』聞いてみて?」
「そうですねぇ・・・・
お客さまに値段をつけてもらうとなると、
多分、千円以上にはなりませんね・・・」
「え?そうなの、3千円とかは?」
「無理です、無理!売るってそんな簡単じゃないです!」
「2千円とかは?」
「うーん、無理です・・・。
お客さまが欲しいモノとかリクエストで作るならまだしも、
ご自分で良いと思っただけでは・・・・
この類のものは、誰にでもニーズがあるわけじゃないし・・・。
ヘタしたら500円、300円とおっしゃるかも・・・」
「え?!そうなの?そんなら売らないわ!
2千円以下なら誰かにあげたほうがいいわ!」
「そうされた方がいいと思います。
その方が、皆さん喜ばれると思いますよ」

おっしゃる通り材料・手間を考えたら、
その値段を付けたい気持ちは十分理解できるのですが、
そのこととと売れる商品と価格は全くの別の話・・・。

商売したいという気概はわかるのですが、
自分の思いだけが先走ってらっしゃる感が否めない。

大変お世話になった方だし、
お役にたちたいのはやまやまなのですが、
さすがに何でもかんでも受け入れていると、
店のスペースもないし、キリがない・・・・。

ここは心を鬼にして、
はっきり現実のお話をさせていただいて、
分かって頂くしかなかったですねぇ。

7年目ともなると、色んな方々が、
色んな考えを持ってご来店されるようになりました。

この方のように、突然いらして、
「手作りの小物作品を売って欲しい」という方や、
自分勝手で一方的なチラシの持ち込みや、
商品の売り込みをされる方などなど・・・。

その都度、反面教師ではないですが、
ほんと生きた勉強させてもらいましたねぇ。

もちろん、ほれぼれするような、
人間的にも素晴らしい方々も沢山いらっしゃいますが。

当店みたいな極小商いでも、
どう考えても、いくら検討してみても出来ない話なら、
その理由、根拠をはっきり示して「NO」と言えることも、
仕事の場面では、必要なマナーかも。

7年で私もずいぶんとタフになりました(笑)。
スポンサーサイト