ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



初の鯛めし

今日は、開店早々、一台の車が店前に停車。

見ると、「ぱすてるの森」さんのご家族。
対応に出たオーナーが戻ってくると、
「小鯛、くださるって!」

私も外に出てみると、小鯛というより中鯛で、
漁師さん?に頂いたものだそうで、
目は黒く透き通ってて、見るからに新鮮!

ご家族分は、2尾だけでいいとおっしゃって、
残りを全部!お福分けしてくださいました。
20120907タイ10匹
前回は、新鮮なイカを沢山頂き、
今日は鯛を沢山頂いてしまって、
多分、私が一生で口にする数より多い(笑)。

高価なものを沢山、ごちそうさまでした!

お店が始まると、
2Fは当日の飛び込み予約のママ&お子さまに、
1Fは常連の方々をはじめ、お久しぶりの方々、
ご近所の方々が連れ立ってランチにご来店。

ご近所のお一人からは、
朝採れの新鮮なキュウリを20本!頂きました。
20120907朝どりきゅうり20本
『農家さんでもないのに、20本って・・・・・」
と、どうしたのかと思ったら、
「あっちこっちからもらってさ~」
とのこと。

地物野菜は、採れる時期は一斉ですから、
あっちこっちから頂くんですねぇ。

オーナーは、早速塩を付けて丸かじりしてましたが、
新鮮なキュウリ、ごちそうさまでした!

今日も沢山の方々にご来店頂き、
また沢山の頂きものをしてしまって、
ご来店の皆さま、ありがとうございました!

ところで、頂いた鯛は、
近場にお住いの常連の方々や、
ランチにいらしたご近所の方々、
ちょうどお友達とお茶にいらしてくださった、
来月の展示予定者の方とそのお友達にお福分け。

皆さん大喜び!
キュウリをくださったご近所グループに至っては、
キュウリをくださった方に、お友達が、
「あなた、キュウリでタイを釣ったわねぇ!」
とおっしゃって、皆さん大喜びしてされてたとか。

常連さまは「鯛めしを作る!」とおっしゃったものの、
「レシピが分からない」とおっしゃるので、
手持ちのレシピを出してきてお見せし、
ついでに私も初めての鯛めしを作ることに。

我が家分には、3尾頂いて、
1尾は、3枚におろし塩焼きに。
20120907タイ塩焼
何とも言えない、甘くて香ばしい香り!

骨と頭はうしお汁に。
20120907タイうしお汁
すごい出汁!
鯛は、骨から味が出るんですねぇ。
というか、身が骨にたっぷりついてたからかも(笑)

残り2尾は、鯛めしに。

頭は、炊飯ジャーに入らないので落とすことに。
下処理して、塩をして10分置いてから塩焼きに。

レシピだと、「中鯛1尾で米3合」でしたが、
贅沢にも2尾で4合を炊くことに。
調味料は、酒、しょうゆ、白だし、塩。

洗ったお米と調味料をお釜に入れて、
塩焼鯛を乗せて炊きます。
20120907タイ飯1

1時間後、炊き上がったら鯛を取り出し、
骨から身を外し、ほぐした身をジャーに戻して、
20120907タイ飯2

混ぜ込みます。
20120907タイ飯3

人生初めての鯛めし作り。
一度は作ってみたかった料理の一つでしたが、
予想以上に美味しくて、ビックリ!

鯛なんて、しかも新鮮な鯛だなんて、
ほとんど食べる機会がない。
鯛の香りとうまみってすごいんですねぇ!!

うしお汁には、スゴく油が浮いてたし、
「腐っても鯛」といいますが、
ほんと鯵のような強い味、うまみと、
甘く香ばしい香りと柔らかい身は、別格!

そもそも鮮度がいいのもありますねぇ。
しかも2尾でお米4合って、
やっぱり超~贅沢な使い方だったかも。

「うまーい!!」「おいしーわー!」
と母と味見をしていたら、
『あー、この味、○○さん、好きだな~、絶対!』
と、ふと頭に浮かんで、
「○○さんにおすそ分け、持ってく?」
と母に言うと、
「うん!私もいまそう思った!」と母。

料理好きで、一人暮らしの○○さん。
お電話して在宅を確認してお届け。

帰ってきた母の手には、お返しが。
20120907お福わけの麺
前々から、おススメのおいしい乾麺があるとかで、
1種類の乾麵をくださるというお話でしたが、
鯛めしのお返しに、全種類!を持たせてくださったそう。

かえって申し訳なかったですねぇ。
ごちそうさまでした。

今日は、お福分けしてくださった方のおかげで、
鯛、キュウリをさらにお福分けでできて、
沢山の方々に喜んでいただけましたねぇ。

しかも、私的には念願の鯛めしを作ることができ、
こんな美味を生きてる間に味わうことができて、
ほんと感激ものですねぇ。

いや~、思い出しただけでよだれがでる・・・。

これはもう鯛を自分で買ってでも、
少なくとももう一回は(笑)、鯛めし、作ると思います。

ありがとうございました!
スポンサーサイト