ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



カボチャの煮物

今日は27度まで上がったそうで、
久々に生温かい気温となりましたねぇ。

今日のお店は、
2Fは5組のママ&お子さまのご予約。
が、いらしてみたら7組に増加!

さらに予定時刻を40分押してのご来店で、
皆さんのお料理がすべて出たのは13時近く。
タイミングが悪いことに、
今日は昼ヨーガ教室が入っているので、
14時過ぎには昼ヨーガ教室の先生がご来店。

食後のドリンクは、1Fに降りて頂いて、
ママさんたちは子守しながらの立食状態で、
お子さんたちは次々泣き出してしまうし、
せわしなく飲んでいただく羽目に・・・。

せっかくいらしてくださったのに、
慌ただしいランチになってしまいましたねぇ。
今度はゆっくりとご利用頂けるといいですね。

初めてのママさんもいらしたようで、
沢山で誘いあわせてご来店頂きまして、
ありがとうございました!

また、お車2台で乗り合わせてのご来店、
重ね重ね、ご協力ありがとうございました。

1Fは、展示者の大竹さんがご来店、
お友達と待ち合わせてランチをしてくだしました。
何度もご来店頂き、誠にありがとうございます。

他には、遅めのランチで常連の方々がご来店。

お料理好きの常連さまに、後からいらした方が、
「カボチャの煮方」を教わってて、
カボチャの煮物で話が盛り上がってたので、
お食事をしてる間にカボチャを煮ることに。

当店のカボチャの煮物は、
学生の頃バイトしてた焼肉屋さんで、
そこの奥さんがお店の合間に作ってたやり方です。

と言っても、ポイントは1つだけ、
「最初にカボチャをごま油で炒める」
だけです。

軽く炒めて全体に油が回ったら、
分量の酒、砂糖、しょうゆを入れ、
ヒタヒタになるくらいまで水を加え、
落し蓋などをして中火で煮るだけです。

そうそう、もう一つポイントは、
最初は皮目を下にして半分くらい煮て、
途中ひっくり返して煮汁が無くなるまで、
トータル20分くらいで一気に煮上げます。

カボチャをごま油で炒めているのを、
厨房で初めて見たとき、
「朝鮮では煮物もごま油で炒めるのかあ・・・
やっぱり国が変わると違うな~」
とびっくりしたものですが、
真似して作ったら、ごま油のコクが美味しい!

それ以来、家で私が作るときは、
必ずごま油で炒めたカボチャ煮です。

確かカロテンは、油と一緒に摂取すると、
より吸収されやすいと習った記憶があるので、
栄養的にも優れた調理法ですねぇ。
ごま油も、ほかの油より体にいいし。

カボチャは、栄養価がとても高く、
野菜の中でも優等生的な野菜だそうで、
実は最近はすっかりハマってしまって、
90g(3切れ)を目安にほぼ毎日食べるように。

煮上がったカボチャは、
「お口にあったら、夕飯にお持ちください」
と常連さまに味見をして頂いてから、おすそ分け。
「まさにこういう風に煮たいのよ~」
とお口に合ったようですねぇ。

最近スーパーでも北海道産が出回りだし、
栗のようなホクホクカボチャはほんと美味しい。
味覚の秋到来ですねぇ。
スポンサーサイト