ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



初めてづくしのスタート

今日から当店も新しい年が始まりました。

ご来店いただきました皆さまのおかげで、
早いもので丸7年、8年目の年を迎えます。

今年も沢山の方より色んな目的でご来店頂き、
新しい「杜々」が一層広がって行けますよう、
オーナー共々初心忘れず頑張って所存です!

今年も皆さまのご来店・ご利用、
心よりお待ちしております!

今日は、開店前の9時には、
カルトナージュ作家の阿部さんがご来店。
今日から始まる展示の展示作業してくださいました。
朝早くからお疲れ様でございました。
201301カルトナージュ作品展1
カルトナージュ、今回初めてお目にかかりましたが、
「フランス貴族が愛したクラフト」
だそうで、優雅であり、ハンドメイドの温かさもあり、
素敵な作品が並びましたねぇ。
ぜひご覧くださいませ!

今日は常連の方々がご来店。
雪が深々と降り続く悪天候でも、
ご来店くださるのはやっぱり常連さま。

中には、帰省してた姪っ子へ、
「Aちゃんにストラップもらったから」
とお返しを持って来てくださった方も。
20130108頂き物
ほんとありがたいことですねぇ。
ありがとうございます!

ところで今日は午後、
栃尾の「杜々」さんのお餅の取り寄せ注文に、
毎年参加されている常連さまがいらして、
「まだお餅ってある~?」
とおっしゃって、在庫があれば欲しいとのこと。
我が家のお餅がまだ残ってたので、お譲りすることに。

お餅をどうやって食べるか
という話題になり、色々な食べ方を話しているうち、
ふと思い出した食べ方が・・・・

開店に合わせて買ったまま未開封の、
ワッフル・ホットサンドメーカーを探し出してきて、
(しかも2台も買ったままだった・・・)
切り餅で「ワッフル風焼き餅」を作ることに。

5年くらい前にはやったあれです。
(「モッ○ル」という名称は商標登録されている)

油も引かず、予熱したプレートに、
切り餅をそのままのせて焼きます。

写真は、ひっくり返して焼きあがったところ。
20130108餅ッフル

早速、常連さまとオーナーに味見してもらうことに。
黒蜜、青きな粉、ホイップクリーム、
バター、醤油などなどお好みで。

1回目は焼き過ぎたようで、
おせんべいのように固くなってしまったので、
2回目は、焼き時間を半分にして、
もちもち感を残してみました。

きな粉と黒蜜、生クリームが、
お餅と思いのほかあったようで、好評でしたねぇ。

初めてのワッフルマシンは思ったより簡単で、
なんでもっと早く活用しなかったのかと、
ちょっと後悔しました。

ところで、私も味見したかったのですが、
実は、昨日から左上の親不知が痛みだし、
昨日は1日痛み止めでだましだまし・・・。

今日も痛みが一向に引かず、
ちょっとでも当たると痛くって、
上下の歯がかみ合わせられないほど。

昨日の夕食のうどんをやっと食べたっきり、
今日は一日固形物を口に入れられず、
野菜ジュースと豆乳を1Pずつ飲んだだけ・・・。

今まで経験したことのない痛みで、
「これ以上悪化させたらマズイ・・・」と思い、
夕方、比較的新しい歯科医院に予約の電話を入れ、
数十年ぶりくらいに恐怖の歯科医院へ。

数十年ぶりに門をくぐった最新の歯科医院は、
私の知ってる歯科医院とは別物!

興味深い久々の歯科体験記は別の機会にして(笑)、
痛みの原因は、親不知の虫歯・・・・。

結局、虫歯がひどい親不知は、
治療するより抜いた方が早いらしく、
人生初の永久歯の抜歯となりました。
201301親不知抜く
抜歯された血の付いた歯を見て、
「うわ、何ですかこれ!ひどい・・・
これ、もらえますか!!」
と思わず叫んで、ゲットしてきました。

医師と衛生士さんは、
『こんなのも持ってっても・・・』
って感じでしたが(笑)、
歯型のプラスティックケースに入れてくれました。

抜歯の瞬間、抜歯器具で挟まれた歯が、
「ミシ、ミシ」きしんで砕ける音がしたので、
その時多少欠けたとはいえ、まさかここまでとは・・・。

親不知は、帰ってきてから塩素水で消毒して乾燥。
これからの「戒め」のためにも、
常に見える場所に置いておこうと思います。

毎日ちゃんと歯磨きをしていても、
仕事柄、常に食べ物が口に入ってしまうので、
思ったて以上に虫歯が進行していたみたいです。

お店を初めて7年、
大学時代の飲食業でのバイト期間を入れると、
人生でかなりの時間、口の中に食べ物が入り、
口の中が酸性状態でキープされ、
歯には最悪の環境でしたねぇ、きっと・・・。

360度の口内レントゲン撮影をしたら、
他にもメンテナンスが必要な個所があって、
しばらく通院しなければならないみたいです。

この二日間お腹がグーグーなるほど空腹でも、
歯が痛くてモノが口に入れられず、
お腹とは裏腹に頭では食欲が無くなる体験して、
自分の歯でフツウに食べれるありがたさを痛感。

「なまじこれまで歯科に来なくてよかったから、
ここまでになったんですよ」
と歯科医に言われてしまいましたが、
人生最後まで自分の歯で食べるためにも、
人生折り返しの今、いい機会だと思って、
徹底的にケアしといたほうがよさそうです。
スポンサーサイト