ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



新聞の力

今日は全くもっていいお天気で、
まさに春の足音を思わせるいいお天気。

お天気がいいからか、開店早々から、
年明け後初ご来店の常連さまが、
次々とランチを召し上がりにいらしてくださって、
ありがとうございました!

今年も変わらぬご愛顧のほど、
よろしくお願いいたします!

また、午後の遅めのランチタイムでも、
以前いらしてくださったことがあるという方々が、
初めての方々をお連れ下さったり、
オーナーの知人の方が妹さんをお連れ下さって、
皆さまランチをしてくださいましたねぇ。

ご来店の皆さま、ありがとうございました!

ところで、今回のカルトナージュ展ですが、
展示をお目当てに初めてご来店くださった方々は、
比較的高齢のご婦人の方がほとんどで、
中にはカルトナージュ経験者の方々も。

また、ほぼ全員が新聞記事をご覧になってて、
今日も「新聞見て来ました」と二人連れのご婦人。
初めての場所を苦労してご来店くださったそう。
ありがとうございました!

展示の記事を載せて頂いて2週間が経ちますが、
昨日いらしたおばあちゃまなんて、
新聞の切り抜きを持って観にいらしてくださって、
今日まで大事に取って置いてくださったんですねぇ。

確か、クーポン付の新聞折り込みチラシでさえも、
それを見ていらっしゃるお客さんの想定数は、
チラシの枚数の数パーセントだったと記憶しています。

つまり、クーポンを100枚撒いても、
2、3人の方が来てくださればいい方ということ。

学生の頃聞いた話では、
新潟日報さんは「全県下80%のシェア」があるとか。
それを考えると、
無差別に多くの方々の目に留まる点で言えば、
その影響力は新聞がやはりダントツに違いない。

当店にご来店くださるお客さまの年代から言っても、
比較的新聞を読まれている方が多いのもありますが、
実名報道の信用性の観点から言っても、
『マスメディアとしての信頼性と影響力は、
新聞がまだまだ一番なんだなあ』
と改めて実感している今日この頃です。
スポンサーサイト