ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



連休2日目~安田&万代2~

今日は、8時半には起きて外出の準備。
目的地は、安田にある「サントピアワールド」。

前にサントピアの営業部長さんから頂いた、
招待券が余っていたので、姪っ子も来ているし、
皆で行くことに。

開園10時を目指して出発。
5歳の姪っ子は、今車酔いがひどく、
朝ごはん抜きで出たものの、それでもダメ。

あまりにつらそうなので、
途中のドラックストアで酔い止めを購入。

だましだましでサントピアの駐車場に着くと、
すでにすごい車。

しかも入園入口付近は、3列にもなる長蛇の列!
20130504開園直後の長蛇の列
招待券を頂いてたので、すぐに入場口へ進むと、
営業部長さんがチケットを忙しく売ってらしたので、
軽くご挨拶だけして、入場。

いや~、招待券のお蔭ですぐに入れましたが、
チケット買ってからの入場だと、
かなりの時間がかかりそうでしたねぇ。

今日はちょうど11時から、
「プリキュアーショー」があるそうで、
場所取りもかねて会場に直行すると、
ステージ前は場所取りシートで埋まり、びっくり!

開園前の間、乳児の甥っ子を預かって、
姪っ子と妹は近場の乗り物へ。

開幕直前ともなると、この人の数!
20130504キャラクタショー会場

おどろおどろしく悪者が出てくると、
「ヤメロー!」と本気で叫ぶ男の子や、
怖くて泣き出す子も。
20130504キャラクターショー3

妹によると、
今日のプリキュアは古いバージョンとか。
20130504キャラクターショー2

写真だけ撮って、
私は売店に移動して時間つぶし。

ショーが終わる時間に戻ってみると、
有料写真撮影会になってて、長蛇の列。
DSCN3838.jpg
ショーは無料でも、
物販や写真撮影で収益を上げるのですねぇ。

ショーが終わると、
妹たちは観覧車に乗りたいというので、
一番高い頂上まで移動することに。

途中、ところどころにアトラクションがあり、
ジェットコースターが頭の上を通り過ぎたり。
DSCN3839.jpg

観覧車の真下、頂上からの眺めはこんな感じ。
21030504頂上からの眺め
観覧車も長蛇の列で、
我々は近くの休憩所で休憩。

サントピアでは「飲食持込み不可」だそうですが、
休憩所内やところどころで、
お弁当を食べてる家族が結構いましたね。

観覧車が終わると、
今度は下に在る売店に隣接している、
回転木馬に乗りたいというので下ることに。

途中途中にきれいな景色が眺められます。
DSCN3850.jpg

たっぷりの水が使われてて、
非日常の空間、まさしくレジャー施設!
DSCN3860.jpg

途中、アルパカも。
20130504アルパカ

下に降りてくると、ちょうどお昼過ぎ、
さっきはガラガラだった売店をはじめ、
焼きそばなどの出店前も長蛇の列!

さっき入口で並んでた人たちが、
全員園内に入場したって感じで、
まさに「稼ぎ時」ですねぇ。

それから妹たちが回転木馬に乗り終わるまで、
お土産買ったりして時間つぶし。

それにしてもサントピアワールドさん、
思っていたよりもかなり良かった。
市内から車で1時間だし、
アトラクションも色々あって、
中学生くらいまで十分楽しめそう。

実はサントピアワールドは、
「安田アイランド」の頃来たことが。
その時、フラミンゴのエリアで、
その匂いと足が折れたフラミンゴを見て、
大の「鳥嫌い」になってしまった場所(笑)。

それから本や写真の鳥さえ見れなくて、
結構大人になるまで鶏肉も食べれなくなり、
KFCは高校の頃付き合いで1度行ったきり(笑)

それが、大学の頃のバイト先で、
スープ用の首付きの生丸鶏のお腹を洗浄する羽目に。
「鶏、触れません」とも言えず、
気絶しそうになるのを何とか堪え、仕事を完了。

その後も、他のバイト先で頂くまかないに、
鶏モモの骨付きから揚げが出たりして、
さすがにそれも断れず、どうにかして食べたり。

今ではすっかり克服しましたが、
拒絶する隙もなく逃げ道のない荒療治の方が、
意外に苦手克服が出来るのかもしれませんねぇ。

そんな昔のことを思い出しつつ、
午後から私の予定があったので、
まだ乗り物券が残ってたそうですが、
帰ることに。

帰り道、外の眺めると田植え作業の真っ盛り。
DSCN3867.jpg

3時過ぎ家に着くと、速攻で自転車で万代へ。

昨日お邪魔したダルニー奨学金のブースに、
取り置きをお願いしていたアジアン雑貨を
取りに行ってきました。

帰りは、万代エリアで食べ物屋台が出ていたので、
朝から食事をしてないかったし、食べていくことに。

タイ人のお母さんが作っている、
タイ料理の屋台に決定。
20130504万代フェス屋台

見ると、ガッパオライス、クイッティオ、
ガイヤーンなどタイ料理が色々とあって、
味見したいものがいくつも!

テイクアウトが無理なものはここで食べて、
後はテイクアウトすることに。

テーブルが空いてなくて、
若い女性が一人座ってるテーブルを見つけ、
「ここ、いいですか?」
聞くと、
「あ・・・・ええ・・・」
とあまり快くっていう感じでなかったですが、
拒否しなかったので、
彼女の向かいにあった椅子を移動して、
席に着くと、
彼氏さんがカレーを持って戻って来た!

「ありゃ、いらしたんですね。
ごめんなさ~い。移動しますね」
「大丈夫ですよ」
と彼氏さんは言ってくれましたが、
彼女は、苦笑いで二人きりになりたい感じ。

「『お邪魔』になりますので」
と椅子をもとに戻し、他のテーブルに移動。

早速「クイッティオ・ムー」(500円)を試食。
20130504クイテッィオ・ムー
想定した味であっさりスープ。
願わくば、パクチーを大量に欲しかったなあ。

食べ終わると、屋台街をプラプラ。

韓国料理ブースでは前から食べたかった、
「ホットック」(200円)を発見!
早速1枚購入し、今日の夕飯に食べることに。
20130504屋台料理

パッタイ、ガッパオライスは、各500円で、
量はたっぷり。
20130504屋台料理2
いずれもタイで食べた料理よりも薄味で、
保温しながら作り置きしてあったので、
味が濃くならないように薄めだったんでしょうか。

ホットクは、初めてでしたが、
後味に、薬くらいの結構な「苦み」があり、
ちょっと意外でした。

毎年5月といえば、
東京の渋谷でタイフェスが行われ、
今年は次の土日の11日、12日。

12日に日帰りで行ってこようかと思ってましたが、
今日のタイ料理で結構満足してしまった(笑)。
タイフェスは、来年だな。

今日も安田から万代へと移動して、
タイの味も味わえて、さすがに疲れましたが、
なかなか充実した1日でした!
スポンサーサイト