ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



本格的展示作業

今日は朝から展示作業。

村上より油絵の松田さんが、
お友達などお手伝いの方々とご来店で、
中には、関東の美術館で、
学芸員をされている知人の方も。

学芸員さんは、
作品に触るのに手袋が必要だそうで、
指紋が付かないように刑事が使うような、
白い布の手袋がご所望のようで、本格的!

たまたま父が趣味のカメラをいじるのに、
同じような手袋を持っており、
間に合ってよかった。

展示作業は、脚立を使って、
ライティングまでご自分たちで調節されるなど、
万全の展示作業でしたねぇ。

皆さま、大変お疲れさまでございました!

ところで、展示は明日からだったのですが、
2Fにはママさんたちの予約もあったので、
今日から営業することに。

展示作業も終わる頃には、
常連の方々をはじめ、
ご近所の方が久しぶりにご来店されたり、
展示作業でいらした皆さまも、
作業後にはランチをしてくださいました。

また、「e旅」の「監督」さんが、
先月までお借りしてた展示品の撤収を兼ねて、
ランチにいらしてくださったり。

貴重な品々をお貸しくださり、
大変助かりました、ありがとうございました!

ところで、展示作業でいらした方の中に、
「監督」のことをよくご存じの方がいらして、
「監督」を見るや、声を掛けられてましたねぇ。
食後のコーヒーの頃には、同じテーブルに座って、
近況など色々とお話されてましたねぇ。

どこでどんな繋がりや再会があるか、
ほんと分からないもんですねぇ。

また午後には、常連さまがお茶に来てくださって、
「GWは、体調崩して家にこもりっきりで・・。
やっぱりここに来たら、元気出たわ~」
とおっしゃってくださって、
元気のお手伝い出来たなら、良かったです!

今日もご来店くださった皆さま、
ありがとうございました!

ところで、今日の昼過ぎ、
先月末から帰省していた姪っ子たちが、
東京に戻りました。

2年ぶりとなった今回の帰省では、
姪っ子の言語能力の成長にびっくりし、
また新しく増えた甥っ子にも初対面し、
中々新鮮な帰省となりましたねぇ。

姪っ子は、今回初めてお店デビューし、
何とか皆さまにご挨拶できるように。

一時タレント養成スクールに籍を置いていて、
ドラマオーディションで緑山スタジオに行き、
タッキーや錦戸亮を超間近で見たこともあったり、
七五三で記念写真を撮りに行った写真館で、
「あまりにかわいいので、
店頭写真に写真を使わせてください」
というお話を頂いたこともあったそう。

当店にいらしたお客さまからも、
「外国の子みたいね~!」
「彫が深くて、かわいいわね~!」
「美人さんになるわよ~!」
と言って頂いてましたねぇ。

その姪っ子、今朝妹が、
「東京に帰るから、着替えて」
と姪っ子に言うと、
「え!帰るの!
早く帰りたかった~♪、早く帰りたかった~♪」
と、えらく喜んでて、唖然。

新潟滞在中は、そんな素振りは微塵もなかったので、
最後の最後で彼女の本心を知って、
思わずズッコケそうになりました(笑)

ほとんどわがままを言わず、
母親が叱ることもほとんどなく、
言われることすべてを素直に聞いてたので、
「この年代にしてはわがままが無さすぎる・・・」
ちょっと心配になってしまいましたねぇ。

まあ、ただの「天然」ならいいのですが(笑)

今度会うときは、
どんなお姉ちゃんになっているやら。
楽しみですねぇ。

また帰省した際には、
お店に出ることもあるかと思いますが、
姪っ子のお相手のほど、よろしくお願いいたします!
スポンサーサイト