ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



ウィーン少年合唱団

今日は昨日と打って変わって、
朝方の気温は12度でまるで冬。

昨日は暑くて冷房入れようかと思ったのに、
今日は寒くて、薪ストーブを焚きました。

車でいらした常連さまも、
「昨日は暑くて車クーラーかけたのに、
今日は暖房入れましたよ~」
とおっしゃってましたが、
ほんと気温差がありすぎます。

ところで今日は、
新津からお久しぶりの方がご来店。

確か、前回いらした時は冬の頃で、
山菜の話になり、山菜好きのオーナーが、
ワラビの塩漬けを樽で注文したんでしたっけ。

「ちゃんと覚えてますよ~」
とおっしゃりながら、
今日はご実家の裏で採れたという、
太いフキを沢山持って来てくださいました。

私がお話をうかがっている間に、
オーナーは、筋取り、下ゆで、味付けし、
フキのきんぴらを作ってましたねぇ。
DSCN4051.jpg
とても太くて、みずみずしい美味しいフキで、
わざわざ届けてくださって、ごちそうさまでした!

午後に遅めのランチにいらした、
今日で2日連続でトマトパスタの常連さまに、
お夕飯用に「フキのきんぴら」をおすそ分け。

いや~、皆さまのお蔭で居ながらにして春の味、
味わせていただいておりますねぇ。
ありがたいことです。

ところで、
今、ウィーン少年合唱団が来日中で、
6月まで全国公演してるそう。
今年は4組ある中の「モーツァルト組」が来日とか。

NHKも色んな番組で取り上げてて、
夕方の情報番組だったかでも出演、
「花は咲く」を歌ってましたし、
民放でも取り上げてましたねぇ。

先日たまたま深夜「SONGS」の再放送で、
ウィーン少年合唱団を見ました。

合唱団の生活や練習風景なども紹介してて、
入団して4年という14歳の日本人の少年が、
寄宿舎生活を日本語で紹介。

『ん?入団4年目ということは・・・・
入団当時は10歳・・・小学4年生だよな。
・・・・・もしかして・・まさか!』
と思い当たりるところが。

確か4年くらい前、
当時「新潟少年合唱団」の指導者だった常連さまが、
「小学4年のうちのメンバーが、
ウィーン少年合唱団に入団が決まったのよ~」
とおっしゃってて、
しかも、その少年のおばあちゃまは、
オーナーの知り合い。

『まさか・・・・
この子があの新潟出身の少年か!?』

ちょうど昨日、その元指導者の常連さまがご来店。

「4年前にウィーン少年合唱団に入団した、
あのお子さんの名前ってなんでしたっけ?」
お聞きしたら、
やっぱりあのTVに出てた少年でした。

いや~、あれから4年、親元離れて、
異国での生活を続けてたんですねぇ。

今回のツアーは、新潟公演は入ってなくて、
「凱旋里帰り公演」とはいかなかったみたいで、
残念でしたねぇ。

ウィーン少年合唱団は、声変わりすると、
退団しなければならないそうで、
そろっと彼もその時期が近いのだそう。

この4年で、日本に居てはできないような、
経験や国際感覚、語学力を身に付け、
何よりも各国の友達を作れたことは、
一生モノの宝物でしょうねぇ。

いや~、帰国後は、
どんな人生を歩まれるんでしょうねぇ。
スポンサーサイト