ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



語源

今日は開店早々、
展示者の田中さんがまたまたご来店。
お忙しいのに何度もありがとうございます!

今日はお昼には、近くの公民館の
コーラスサークルの皆さまがご来店。

メニューをご覧になって、
「これ、今日作れる?」
と、ちらし寿司の写真を指差されている・・・。

前回いらした時も、確かちらし寿司がご希望で、
その時も今日のランチでは「無かった」はず。

「さやいんげん」などの青物が、
かろうじて人数分くらい庭に生ってたりして、
なんとか材料が揃っていたので、
「また前回と同じで全く準備してないので、
錦糸卵とか焼くところからになりますので、
お待たせしますが・・・・」
「いいの、いいの、作って!」

ちょうど同じ時間帯に、
他のお客さまもいらっしゃらなかったので、
ちらし寿司だけに集中できたので、
なんとかそうお待たせせずに済みました。
ちらしずし
やっぱり6、70歳くらいの方は、
こういう味の方がお好みなんですねぇ。

いずれにせよ、
ご希望の物をご提供できてよかった・・・。

他にも、常連の方々が次々お食事にご来店。

特に営業職や農業などお仕事中も方々は、
ランチとはいえ、午後や夕方の時間帯に。

農業をされている方なんか、
「お昼、食べ損ねたわ~!」
と入ってらして、
朝からおにぎり1個だけで今まで仕事してたとか!

とはいえ、糖尿の気があるので、
炭水化物の量をコントロールしてるそうで、
「ピビンバのナムルだけみたいなのってある?」
「あー、お惣菜みたいのですか・・・
そうしたら・・・豆乳素麺どうですか?
油はほとんど使ってないし、
スープは豆乳100%なので、
良質タンパクが取れますよ」
「そうね、タンパク質もちゃんと取らないと、
力でないんだわ~」
「素麺の量、減らしましょうか?」
「そうして~」

初めて召し上がったそうですが、
「美味しいわ~、ナムルがいいわねぇ。
栄養もあるし。キムチもいいわねぇ~」
「スープも全部飲まなきゃ勿体ないわねぇ」
「今日の夕飯、これにしよう」
とおっしゃってましたねぇ。

展示作品も感心してご覧になって、
お気に入りが見つかったようで、
「自分のバランス保つためにも、
定期的に来るようにしなきゃダメなんだわ」
とおっしゃってくださいましたねぇ。

お帰りの際には、
「いや~、お蔭でほんと元気になったわ~」
とおっしゃって、さらに、
「『レストラン』って、
どういう意味があるか知ってる?」
と聞かれたので、
「うーん、レスト・・・
『休息』とか、『休憩』とか?」
「確か、『元気にする場所』って意味があるんだわ」
「へぇ~、そうなんですか~知らなかった!」

後でネットで調べたら、

「レストラン」の語源は、
フランス語で「回復させる」という意味の動詞で、
英語では、「rest(休憩)」ではなくて、
「restore(回復する)」が同じ語系とか。

もともと「回復する食事」を意味し、特に、
栄養に富み強く風味付けされた「スープ」
のことだったそうで、
後々「回復させる場所」という意味を持ったとか。

まさに今日の「豆乳素麺」で、
お疲れの体がエネルギーチャージで回復し、
展示で眼と心がリフレッシュ出来たみたいですねぇ。

少しでもお役にたてたなら、幸いです!
スポンサーサイト