ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



たなべのかりん糖

今日は、常連の方々をはじめ、
お久しぶりの方々がランチにご来店。

中には、87歳のお母さまと一緒に、
病院の帰りにランチをしてくださった方も。

お母さまは、足を骨折しての通院中だそうで、
医師もびっくりするほど骨が再生してるそうで、
聞けば、骨折するまでは1人暮らし!をされてたそう。

「今度来るときは、シャンと歩いてきますね」
とおっしゃってたそうですが、
出来る限り自立した生活をするって大事なんですねぇ。

ところで、片づけを始めた午後4時前、
「土曜日に戻ってきました~。
これから行きたいんだけど、大丈夫~?」
とこちらは70代の常連のお客さま。

最近、がんの手術で入院され、
一昨日退院されたことは耳に入っていましたが、
まさかもうご来店できるとは!

早速いらしてお話を伺うと、
組織を調べたら、腫瘍は良性!だったそうで、
一安心だったそう。

それでも10年近く体の中で成長し、
10センチくらいの大きさになってて、
放っておけば悪性に変わることもあるそうなので、
今回全摘してスッキリ安心できたとか。

入院生活は、とても快適だったみたいで、
お顔も見るからにふっくらされて、
以前よりも健康的になった感じ。

何事もなくて、ほんと良かったです!

で、いつも「良かったら食べて~」
と色々と差し入れを持って来てくださるのですが、
「頂きものだけど~」
と今日も初めての「かりんとう」を頂きました。
20130617たなべのかりん糖1

一本が10センチ以上あるビックサイズ!
20130617たなべのかりん糖2
一本で十分満足できそうですねぇ。

いつもお気遣い頂いて、恐縮です。
ごちそうさまでした!

ところで、4時過ぎの遅めのご来店で、
いつものように「トマトの冷製パスタ」をご注文。
ただ、今日はタッパを最初から持参され、
テイクアウトをしたいのだそう。

『閉店時間を気にされて、
迷惑かけまいとタッパ持ってらしたのかな』
と思っていたら・・・

一人暮らしの親戚の方へこれから届けるのだそう!

「6月いっぱいは、傷が痛むかしらねぇ」
とおっしゃるその退院し立てのお体で、
他人を気に掛けるその心持たるや・・・。

そういえば、前回入院された時も、
お見舞いにも伺わずにいたのに、
退院後はじめてご来店された時には、
「お返し」の品を当店にまでくださって、
今日もおやつの差し入れ・・・。

日頃から周りへの「奉仕の心」をお持ちの方ですが、
退院2日目に誰かのために食事を届けるなんて、
自分なら絶対できない。

社会的な成功者たちがそうであるように、
他者や共同体への「献身・貢献」を欲求し続けられる人、
心理学者マズローの「欲求の階層」で言えば、
まさしく最高レベルの「自己超越者」ですねぇ。

ほんと頭が下がります・・・。
スポンサーサイト