ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



青梅シロップ漬け

今日は休日返上で、
昨日頂いた青梅を処理。

今回は、氷砂糖のシロップと、
黒糖のシロップを半々で作ることに。
20130623梅漬け用砂糖

傷モノを選り分け、水洗いして、ヘタ取り。

5キロ分を一人で黙々と取ってると、
さすがに嫌になりますねぇ。

でも・・・
こういう昔ながらの伝統食・保存食作りって、
子どもの時にやっておくと、忍耐力は付くし、
季節や時間経過の感覚、概念を、
自然に形成するいい機会だったんですねぇ、改めて。

梅を陰干ししている間に、
ホワイトリカーを買いにスーパーへ。

さすが地物の梅が出回割り始めたからか、
漬け込み時季の商機を逃すまいとしてか、
1.8ℓのホワイトリカーは、
100円安い「今日までの限定価格」、1080円!

が・・・・
隣に陳列されてた氷砂糖は、
他のお店と比べても軽く100円以上高い(笑)。

すでに砂糖は、安いところで購入済みで、
ここでは買いませんでしたが、
商売とは、こういうものなのですねぇ。

帰ってきて、早速漬け込むことに。

梅シロップ(白)梅2キロ分
梅シロップ(黒)梅1.3+0.8キロ分
梅酒       梅0.3キロ
20130623梅漬け5キロ
梅酒はもう作らないことにしてたのですが、
ホワイトリカーが思いの他余ったので、
久々に少しだけ仕込むことに。
しかも氷砂糖が無くなったので、初めて上白糖で(笑)。
どういう仕上がりになるやら。

いや~、今年もとりあえず、
この時季にすべき作業をやったって感じで、
満足感と一安心です。

今年は、青梅が頂きもので済んだので、
氷砂糖の倍の値段の黒砂糖を、
惜しげもなく使えましたねぇ。

これも沢山の梅を分けてくださった方のお蔭。
ありがとうございました!
スポンサーサイト