ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



翻訳

今日のランチは、開店早々から、
お久しぶりの方が、
「どうしてもこの展示、観たかったんさー」
とお嫁さんといらしてくださったり、
3月の「福島展」でお世話になった方が、
ほんとあれ以来ぶり?でご来店くださったり。

他にもお昼をまわる頃には、
ご近所の方々や常連の方々、
「キルト教室の先生と生徒さん」
とおっしゃる方々がいらしてくださったり。

午後の4時前後には、元絵手紙の先生が、
出先の帰りに久々に寄ってくださったり、
展示者の田中さんのお友達の方が、
4名さまでいらしてお茶をしてくださったり。

今日はご来店人数が多かった割には、
お客さまが重なることなく順々のご来店で、
比較的スムーズにお出し出来て良かった。

皆さま、ありがとうございました!

ところで、常連のお一人からは、
「乾麺」と加島屋!の「昆布巻き」の差し入れ。
DSCN4411.jpg
「頂きもの」らしいのですが、
「モノをあげると、色々戻ってきちゃうのよ~」
とおっしゃってましたが、
これも常連さまの心遣いと「人徳」あってこそ。

いつもそのお福分けを持って来てくださって、
毎回のように頂いてばかり・・・ほんと恐縮です。
有難く頂きます。

夕方には、常連さまが、
「PCを新しくすべきか、それともXP終了で、
中古PCが出回るのを待つべきか」
と悩んでらっしゃったので、
ネットで新・中古品の底値を調べて差し上げてたら・・

突然「これ、なんて書いてあるかわかる?」
と「しおり」?を差し出されました。
DSCN4406.jpg
「ウォーメン・・・・アイ・・
うーん、ちょっとはっきりは分からないので、
ネットの翻訳機能で今調べてみますね」

早速ネット上にある「翻訳サイト」で翻訳。

「もし私たちが双方愛するならば・・・」

裏にも書いてあって・・・
DSCN4408.jpg
「神は我々の内面に住んでいる」

ネイティブの人が読めば、
もっと正確な意味が分かるのでしょうが、
まあ、こんな内容であることが判明。

知り合いからの頂きものだそうで、
こちらのお方は、敬虔なクリスチャンであるし、
しおりの形がクロスを模ってるので、
聖書の中の言葉なんでしょうかねぇ。

それにしても英語表記ならまだしも、
中国語だなんて・・・。
珍しいモノ拝見させていただきました。

今日も色んな方々が沢山ご来店くださって、
ちょっとここには書けませんが、
他にも想定外のことが色々と起こり、
即断・即決に迫られる瞬間が結構あって、
脳のフル回転が何度も強いられ、
なかなか盛り沢山な一日でしたねぇ。

『よくまあ、こうも毎日毎日、
想定外のコトが起こるものだ。
ほんと一日として同じ日が無いし・・・
日々『人間力』が試され、鍛えられてるなあ、私・・』

と最近、特に実感しますねぇ。

そして・・・
以前、大学時代の指導教官が、
「研究結果しかり、人生もしかり、
思った通りに行かない、だから『面白い』んじゃん」
と言ってたのですが、
その真意が、ようやく今少し分かってきた気が。

これもご来店のくださる皆さまあってこそ!、
ご来店の皆さま、ありがとうございました!
スポンサーサイト