ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



初夏の味~杏ジャムを作る~

週明けの今日も天気が悪い中、
常連の方々が早速ランチにご来店。

偶然にも居合わせたお二人が、
来月にイタリアへ長期旅行に行かれるので、
成田までの行き方などでお話弾んでましたねぇ。

夏休みにイタリアか~、うらやましい!

今日は、皆さまの出足が遅く、
2時頃になってお久しぶりの方や、
土曜日に久々にお茶にいらして、
茂野さんのアクセサリーをお求めになった方が、
「早速着けてきました~。友達に褒められました~」
とご来店くださって、
「今日は、お友達連れて食事に来ました~」
と初めてご来店されるお友達と、
遅めのランチをしてくださいましたねぇ。

また今日は、遅めのランチでいらした皆さまが、
お気に入りの品が展示の中にあったようで、
お一人で数点お求めくださった方々も。

いい出会いがあったようで、良かったです!

閉店後には夜ヨーガ教室もあったりして、
今日も色んな方々にご来店頂きましたねぇ。
ご来店の皆さま、ありがとうございました!

ところで、先日頂いた杏。

黄色く熟させようと室内に置いておいたら、
翌日には1個、2個と腐り始め、
すぐに冷蔵庫に入れて拡大を食い止めましたが、
黄色の杏5、6個が犠牲に・・・。

杏は、黄色くなると足が速いので、
冷蔵庫で熟すのを待った方がいいようです。

で、今日夕方から閉店までの間で、
ジャム煮をすることに。

腐った所など取り除くと、
1.3キロあった杏は、1キロほどに。
20130708杏1キロ
写真より、もうちょっと色が濃いかな。

アボカドのように種を取ると、果肉は850g。
果肉は、簡単に煮崩れるのでそのまま。

砂糖は、果肉の60%量にして果肉にまぶし、
煮る時間を短縮させるため、
1時間ほどそのままにして水を出します。
20130708果肉840g砂糖60%

1時間後、水がたっぷりでましたねぇ。
201307081時間後

ステンレスの鍋に入れて、まず強火で加熱。

沸いて来たら中火にして、
常にかき混ぜながらアクを丁寧に取ります。

10分前後取り続けると、
アクが無くなり澄んできます。

それから、焦がさないように常にかき混ぜ、
煮詰めていきます。

途中、味見すると・・・・

えらい酸っぱい!!
ので、追加で100gくらい砂糖を追加。

トータルで20分ぐらい煮て、濃度のチェック。

コップに水を入れ、
そこへジャムを1、2滴足らし、
水中に拡散せずに固まって落下したら、出来上がり。

先日ムサシで小瓶を調達しておいたので、
煮詰めている間に瓶を洗浄、熱湯消毒し、
熱々のジャムを入れて蓋をし、
瓶を逆さまにして冷まします。

今回は、150ml瓶×5個分出来ました。
20130708杏ジャム完成

瓶に入りきらなかった分は、
冷めると結構しっかり固まったので、
保存する濃度としては合格。
20130708杏ジャム

早速、厚切りパンを焼いてトーストで。
20130708杏ジャムトースト

目が覚めるような酸味がありますが、
バターの塩気とジャムの甘さ、杏の香りは、最高!

手作りジャムの食べ頃は、
味が馴染む2、3か月後からだといいますから、
この酸味がこなれれば、もっと美味しくなるかも!

この鬱々とした天気を一気に吹き飛ばすような、
さわやかな美味しいジャムになりましたねぇ。
また数か月後、味がどう変わってるか楽しみ!

これもご自宅の杏をもいで、
わざわざ届けてくださった知人の方のおかげ!
ごちそうさまでした!
スポンサーサイト