ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



梅シロップ2&杏ジャム

開店前、先日杏を持って来てくださった方が、
今日は、「梅3キロ+杏数個」を、
またまたわざわざ届けてくださいました。
20130711梅3キロ&杏
ご主人が実家?でもいで来てしまうのだそうで、
「汚れあるんだけど、擦れば落ちるから。
要らなかったら捨てて~」
とのこと。

見ると、確かに黒くススの様な汚れが、
表面にこびりついている・・。

オーナーいわく、
「うちの「ゆず」もそうだったけど、
木がそういう病気というか・・・
実を採らずに木に付けっぱなしだと、
皮の表面に黒い汚れが付くんだわ」
とのこと。

水を付けたスポンジで強くこすると、
確かにキレイに落ちるので、
梅自体の病気とかではなくて、
枝などから出る「何か」が付いてるよう。

根気よく1個1個洗ってみます!

今日のランチは、
2Fは、2つのママさんグループの相部屋。
それぞれ、以前グループ予約でいらした方が、
初めてのママ友さんなどをお連れ下さったようで、
新しい方にご紹介頂きまして、ありがとうございます!

1Fでは、近々第2子をご出産予定という、
「トマトの冷製パスタ」専門のママさんが、
長女ちゃんとランチにいらしてくださったり、
常連の方々が変わらずいらしてくださったり。

午後には、昨日いらした常連さまが、
黄色の「完熟梅」を届けてくださいました。

木から落ちた梅を拾ってらしたそうで、
青梅とは違う柔らかい果肉で、甘いいい香り!

既にご自分でも梅ジャムにしてみたそうで、
「いい色に出来たら、ぜひ煮てみて~」
とのこと。

わざわざ届けていただいて、
ありがとうございました!
そして、バタバタしてて顔を出せず、
誠に失礼いたしました・・・。

午後から夕方にかけては、
遅めのランチの常連さまや、
サークルか何かのお教室帰りの皆さまや、
ご近所の奥さまグループが、
次々お茶にご来店くださったり。

今日も沢山の色々な方々がご来店くださって、
皆さま、ご利用ありがとうございました!

で、今日も気づけば午後4時過ぎ!、
ようやくお客さまが引いた後、
合間合間に少しずつ洗っていた、
朝頂いた青梅の残りを処理することに。

ヘタの所も結構汚れが付いていて、
結局、水洗い→スポンジでこすり洗い→
キッチンペーパーでこすり拭きの3度洗い。

午後に届けて頂いた「完熟梅」も、
長いこと木に付いてたからか、
薄黒い汚れが表面に付いてたので、
1個ずつスポンジでこすり洗い。
20130711梅4キロ
さすがに手間かけると、
見違えるほどキレイになりました。

で、保存瓶が空いておらず、
最初に漬けた「梅シロップ」の瓶を空けることに。

2キロの梅+ザラメ2キロで、
約2.8ℓの梅シロップが取れました。
20130711梅シロップ1回目引き揚げ

一旦材料を買い出しに出かけ、
今年2回目の梅シロップ漬け。

瓶、梅にホワイトリカーをまぶして消毒、
今年2回目の梅シロップも、梅2キロで。
20130711梅シロップ2回目2キロ
残りの梅1キロは、
オーナーが「自宅用に梅味噌にする」
というので、あとはお任せ。

ところで、先日漬けた「梅味噌」を、
初めて味見してみましたが、
まだ果肉が残ってるので、もうちょい。
「黒砂糖漬け」も、
底の黒糖が溶けきらないので、もうちょいですねぇ。

梅シロップ2を漬けて、店の片づけをし、
再度今度は明日の買い出しに出かけ、
店に戻ってからもう一仕事。

午後9時過ぎから、
「完熟梅のジャム」づくりです。

疲れてて『明日にしようか・・』とも思いましたが、
完熟梅が明日までもつか心配だったので、
作ってしまうことに。

ネットでレシピを色々比較して、
茹でこぼしてアクを取るレシピを採用。

水から茹でこぼすこと3回、
全ての果実がキレイな黄色に変化!

水を切った実をざるに上げ、
皮を取り、ゴリゴリ裏ごしして種と実を分けます。

この時点で、1キロの梅は680gに減量。

ステンレスの鍋に果肉を入れて、砂糖投入。

レシピでは、砂糖の量は、
生の梅1キロに対して6~80%量だったので、
用意した分は、600g。

結局、果肉の量と同量の砂糖が入りましたねぇ。

アクをキレイに取りながら、
煮続けること30分、煮沸した瓶3本に詰めて終了。

それから片づけをして、店を出たのが午前0時過ぎ。
夜なべにしては、時間とコストがかかりすぎた・・・。

ま、これも今しかできない、季節のてしごとですね。
スポンサーサイト