ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



オーガンジーの巾着袋

今日は、猫の油絵を出品してくださっている方が、
以前油絵の展示をしてくださった作家さんと
ランチにいらしてくださいました。

そしたら、そこへ、
「e旅」の「監督」さんもランチにいらっしゃり、
しばらくすると、猫の絵の方が気づかれ、
監督の方へいらしてご挨拶。

聞けば、先日「Teny」前集合で行われた、
「マラソン教室」に参加されたそうで、
まさしく「監督」は、その時もコーチとして参加。

「お水や大量の氷が用意されてて生き返りました!
ほんと至れり尽くせりで、
『監督』の『愛』を感じました!」

と感激のご様子でしたねぇ。

聞けば、猫の絵の方は、
今年ホノルルマラソンに参加されるそうで、
「42キロなんて走ったことないのよ~」
とおっしゃってましたが、
「監督」にお任せすれば、
大船に乗ったも同然、安心していってらしてください。

そうっか、もう8月も終わり、
そろそろレースに照準を合わせはじめる時期ですねぇ。

今日もご来店くださった皆さま、
ありがとうございました!

ところで、話は変わって・・・

昨日までの3日間、
横山さん関係の比較的若い女性のお客さまが、
次々ご来店くださいました。

そしたら・・・・
今までほとんど見向きもされなかった、
とある商品が、毎日のように動くように!

それは何かと言うと・・・・
上海で「騒動買い」してしまった、
「オーガンジー」の巾着袋。
201308オーガンジー巾着袋
あっという間に半分以下の残り9P!

上海から戻って1か月、
ビーズ作家の中野さんや「Rain*Drops」さんに、
「オーダー品とか高額商品の包装にいかがですか?」
と「押し売り」してご購入頂いた他は、
手に取るお客さまもまれで、ほぼ反応なし(笑)

が、この3日間は、ある種激変。

お一人で2Pご購入くださる方や、
「10枚も入ってる!」とか、
「そうそう、これ買うんだった」
と戻って来て購入される方、
1種類ずつ買われた嫁&姑さん方は、
半分ずつ中身を交換されたり。

皆さまの反応があまりに違い過ぎて、
「お年寄りの皆さんは、
まったく見向きもしなかったのにねぇ!」
とオーナーも驚いてましたねぇ。

実は、豫園エリアにある、
小さな商店が雑多に混在する商城の店で購入。

包装専門店の何軒かで値段を聞き、
ある店先で商品を手に取って物色していると、
店の奥から柔和な感じの中年女性が出て来て、
顔を見るとやさしい笑顔で寄ってきて、
「您好」と声を掛けてきた。

珍しく人柄が良さそうな人で、
まずは10枚入りのパックを手に取り、
英語で値段を聞いたら、
私が中国人だと思ってたみたいで、
ちょっと驚いてましたが、
すぐに英語で値段を教えてくれました。

「OK...If I'll buy many items,
How much could you give me discount?」
「No discount」
「No?...Why?...」

それじゃあと、棚に積まれていた、
もっと大きな袋を指差し、
「This pack...How many in?」
「one hundred」

100枚入りを幾つか出してもらって、
柄、サイズ、値段を確認すると、
ここの前に値段を聞いた、
無愛想な「おやじ」の店より10元くらい安い。

『あのおやじめー!
値段言う時、一瞬、微妙な間が有ったのは、
外国人だと思ってふっかけたな・・・』

ここの店主は人柄もいい感じだし、
英語が通じるし、ここで買うことに。

最初は、
「20枚くらいあれば足りるろ~」
と大量に買うつもりは全くなかったし、
「100袋入りパック」を買っても、
到底使い切れるはずもないと思ってたのですが、
どうしても値切らせたくなってしまい(笑)、
『まあ腐るものでもないし、
1年でも2年でも、5年もかけりゃ無くなるろ~』
と開き直り、
「100枚入りパック」を使って、
大量買いの「値切り交渉」することに。

「OK...I'll take this one...
and ....one more....this one!
I'll take these two packs!
so...how much discount? 」
「No discount...
Discount is not shanghai style...」

『何が「上海スタイル」じゃ・・・』

と思いつつ、

「2packs!!,Please give me discount!」

と粘ると、
しぶしぶ電卓を打ち直し、
2パックで2元(32円)の値下げをしてくれました。

その後その店主ときたら、
お願いしたら快く領収書も書いてくれたり、
私が手に持ってた買い物袋を指差し、
「こっちに寄越してごらん」とジェスチャー、
袋を向けると、袋を開けて中に商品を入れてくれたり、
終いには、自ら!名刺を持って来てましたねぇ。

200枚も包装袋を買うなんて、
商売か何かしてると思ったんでしょうねぇ。

そんなこんなで買ってきたオーガンジー巾着。

いや~、お客さまの層が変わると、
こんなにご好評頂けるんですねぇ。
この感じなら1年どころか年内で売り切れそう。

もっと色んな柄、サイズを買って来るんだった・・・。

次回行くことがあったら、
色んな柄とサイズを沢山買えば、
もっと値切れるに違いない!

そうそう、ただし要注意が・・・。

というのも、100枚入りだったはずが、
帰国してから中身を確認したら、
1つは104枚、もう1つはなんと97枚!
まあ、平均すれば100枚ですが(笑)。

さらに「商品」にはできない不良品が、
全体の数%ほどありましたねぇ。
それらは省いて、店で使うことに。

オーガンジーばかりでなく、
それこそ衝動的に大量に買ってしまった、
「中国ガラスビーズ」の方も、
ポツポツですがお買い上げ頂いていて、
初めは買うつもりもなかったのに、
直感で「あ、これいいかも!」
と衝動に任せて購入を判断したモノたちが、
皆さまの気に入って頂けると、
特別に嬉しいものがありますねぇ。

またあの時、
「消化し切れないに決まってる、お金の無駄だ!」
と消極的に買って来なかったら、
お客さまのこんな意外なニーズがあることも、
多分一生分からなかったですねぇ。

「無駄」ととるか、「先行投資」と取るか、
それが問題ですね(笑)

とはいえ、こういう試行錯誤というか、
ある種小さな「社会実験」を重ねて、
皆さまの「確かなニーズ」に少しでも応えられる、
楽しいお店づくりが出来たらいいですねぇ。
スポンサーサイト