ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



ベトナム料理教室2回目

今日は台風の接近もあって、
新潟はフェーン現象で気温が上がり、
一日蒸し暑かったですねぇ。

そんな中、
2Fはママさんグループのランチで、
お一人以外は、初めてのご来店だったそうで、
新しい方にご紹介くださりありがとうございました!

1Fでは、新聞をご覧になった方々が、
「今日で最後でしょう~」
と猫展を観に初めていらしてくださったり、
お久しぶりの方々がランチにご来店。

中には、某商工会議所の副理事長さんが、
2か月ぶりくらいにご来店。

「あら~、お久しぶりです~!」
とオーナーが言うと、
「何回か来たんだけど、
駐車場がいっぱいで、入れなかったんだわ~」
とのこと。

そんなことになってたとは露知らず、
大変失礼いたしました。

またお連れさまと一緒に、
オーガンジーの巾着に目が留まられたようで、
ピンクの方を特に気に入られたので、
「何に使われるんですか?」
とオーナーが伺ったら、
「う~ん、これから考えるわ」
とおっしゃっとか!

うーん、なんかわかんないけど、すごい・・・。

博識で芸術にも造詣が深いのに、
我々にも丁寧語で接してくださって、
しかもウイットに富み、茶目っ気もある方で、
洗面台の上に飾っているスタンド額に、
観に行った絵画展で購入されたポストカードを、
人知れず入れ替えててくださったり。

懲りずに何度もご来店頂きまして、
ありがとうございました!

他にも、夕方まで常連の方がお茶にご来店。
「あまりに美味しかったから、食べさせたくて~」
と、ブドウを差し入れしてくださいました。
20130831ピレーネ
種なしブドウで「ピオーネ」という品種だそう。

甘くて美味しかったですねぇ。
ごちそうさまでした!

本日もご来店頂きました皆さま、
並びに長い間「猫展」に出品くださった皆さま、
ありがとうございました!

ところで本日私のみ、
午後4時に店を早や上がりさせて頂いて、
またまた慈善団体「BETOAJI」主催の、
「ベトナム料理教室」参加して来ました。

今回はメールで申し込みしたのですが、
申し込み受付の旨の返信が来なかったので、
一抹の不安を抱きつつ、会場へ行くと・・・

案の定、リストアップされておらず・・。

が、「前回参加されましたよね」
と覚えててくださって、前回の名札も保管されており、
受付して頂くださいました。

今日は、
「ベトナム揚げ春巻き(チャー・ゾー(ネーム))」
「とうもろこしのぜんざい」
の2品です。

「チャー・ゾー」は、昔ホント良く作って、
大好きなベトナム料理の一つですが、
何せ手間がエライかかる・・・。

5年ぶりくらいに作るかもしれませんねぇ。

参加した班は、私を除いて、すべて男性だったので、
包丁を酷使するような作業は、
「敢えて」進んで担当することに。
じゃないと、いつまでたっても終わらない(笑)

まず、時間がかかる、
トウモロコシを茹で始めつつ、
木耳と干しシイタケも戻しつつ、
春巻きの具を準備します。

春巻きの具になる野菜は、とにかくみじん切り。
20130831材料

戻した木耳は、ベトナム産だそうで、
見たことない大きさ&肉厚!で、
刻むとザクザク音が鳴るかの様な感じ。
20130831ベトナム産木耳

野菜のみじん切り完成。
20130831野菜みじん切り

豚ひき肉&エビ、卵、塩を入れて、
混ぜます。
20130831肉だね

茹であがったトウモロコシは、
可食部分を取り外します。
20130831茹でトウモロコシカット

春巻きを包みます。

ライスペーパーは、2種類が用意されてました。
ベトナム産で輸出向けだという厚いタイプと、
ベトナム本土で食されている薄いタイプです。

本土バージョンのライスペーパーは、
障子紙を1/3くらい薄くしたような感触で、初めて。
良く見かける厚めの輸入品の戻し方で、
水の中に潜らせようものなら溶けそうなくらい。
水をつけた指で軽く表面を撫でるだけで十分でした。

ベトナム人留学生さんがお手本。
20130831本場の包み方

お手本の完成品。
20130831包み方のお手本

遅れを取り戻すべく、人海戦術、
班の全員で包み作業&揚げ油の準備です。
20130831グループの皆さん

男性参加者の皆さんは、
あまり台所に立たないとのことでしたが、
なかなかの手際でしたねぇ。
20130831包み終わり

揚げ春巻きは、今日のレシピでは、
クリスピー感を出すために、2度揚げするそうです。

まずは、1度揚げ。
20130831下揚げ

170度くらいで、かなりの長時間揚げてて、
それでも皮は柔らかい状態です。
20130831下揚げ2

下揚げをしている間に、
付けだれ、「ヌックチャム」を作ります。
20130831ヌックチャム2
タレの濃度が薄いと、
刻んだニンニク浮かんで来ないそうで、
ニンニクが脱水作用を起こすくらいの濃さが、
味の目安だそうです。
20130831ヌックチャム
ヌックチャムは、
代表的なベトナムのつけタレですが、
実は味がなかなか決まらなかった。

味見した留学生さんたちの中でも、
味の好みが分かれるようで、
これと言ったレシピはないのですねぇ。

刻んだトウモロコシは、
砂糖水に入れて「ぜんざい」にしていきます。
20130831トウモロコシぜんざい

なぜかベトナムビーフン「ブン」が用意されてて、
作業を並行して茹でるのだそう。
20130831ブンを茹でる
聞いたら、揚げ春巻きだけだった思っていたら、
春巻きと一緒に食べるそうで、
まさしくそれは「ブン・チャ―」!ではないですか!

いつか当店の夏のメニューにしようと、
ここ数年ずっと頭に有った料理で、
まさか今日、本場のレシピで食べれるとは!!
俄然、人知れずテンションあがりました。

料理風景はこんな感じ。
20130831調理風景2

春巻きは、冷めたら2度揚げします。
20130831二度揚げ

トウモロコシぜんざいも、
とろみを付けて、仕上げの段階です。
20130831調理最終段階

2度揚げもすごい時間をかけて揚げてて、
揚げを担当してくださった男性は、
「妻や母親が、
『揚げ物するとお腹いっぱいになる』
って言ってましたけど、わかりますね」
とおっしゃってましたねぇ。

表面がカリカリでとてもいい感じに揚がり、
留学生さんたちにも、
「キレイです!とても上手です」
と合格点をもらってましたねぇ。
20130831二度揚げ2

それぞれ盛り付けて、完成!
20130831完成

トウモロコシぜんざいには、
お好みでココナッツミルクをかけます。
20130831完成2

各自盛り付けるとこんな感じ。
20130831完成3

春巻きが長かったので、
はさみでカットしてくださいました。
20130831はさみでカット

改めて再度盛り付け。
20130831再度盛り付け

チャ―・ゾーの断面。
20130831ブンチャー2

揚げ春巻きとブンをタレに付けて食べます。
20130831ブン・チャー食べ方
久々に食べましたが、やっぱり美味しい!!

留学生さん曰く、週1で召し上がるのだそう。
手間が無ければ、毎日でも食べたいくらいで、
写真見るだけで、よだれが出てくる(笑)

学生時代バイトしてた焼肉屋さんで、
スタッフの慰労会があり、
このベトナム揚げ春巻きを作ることを提案、
ライスペーパーを見たことすらない、
高校生のバイトちゃんたちにレクチャー、
沢山作りましたねぇ。

美食で口の肥えたそこのご主人が、
お代わりするほどで、
「うちの人がお代わりした、旨いって言った!」
と奥さんを驚かせたほどで、
後日何度かご自宅でも作られたとか。

『この味、嫌いな人っているんだろうか・・』
ていうくらいほんと美味しい。
いつか当店のメニューに出来たらいいですねぇ。

トウモロコシぜんざいも、
レシピでは見たことありましたが、
意外と美味しい!
これも珍しいので、いつか出せたらいいですねぇ。

昔、姉妹が家に連れて来た、
新潟大学のベトナム人留学生さんが、
作ってくれたのがベトナム料理の出会いでしたが、
ほんと、ベトナム料理は最高です!

皆さんで片づけをしたら、
今日は、「お楽しみ」があるのだそうで、
20130831ベトナムコーヒーの説明
「生産量世界第2位」がベトナム人の誇りだという、
ベトナムコーヒーの試飲会です。

砂糖やパウダークリームが入っている、
インスタントコーヒーでしたが、
コーヒーの香りは、深く甘いのがわかりましたねぇ。
20130831ベトナムインスタントコーヒー

最後は、またまた全員で記念写真。
20130831記念写真

前回、今回とスタッフで入ってくれてた、
顔馴染みになった留学生さんが大学院を修了、
9月で新潟を離れ、ベトナムに本帰国されるそう。

次回以降の料理教室ではもう会えないそうで、
ほんと残念・・・。

故郷は、ハノイだそうで、
「ベトナム、ホントに行くから!」
と宣言(笑)、
メルアドを交換させてもらいました。

そして、新潟からの路線やホテルの状況、
エアチケット代の最安値、
季節はいつがベストシーズンか、などなどリサーチ。

ぜひいつか近いうちにベトナム、訪れてみたいものです。

今日も企画・準備をしてくださった留学生の皆さん、
そして参加者の皆さん、お疲れさまでした!
ありがとうございました!
スポンサーサイト