FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



田舎味噌

今日は定休日。

が、午後から店に出て、
味噌漬け作り2回目の続きです。

2日間塩漬けしたミョウガと生姜を、
半日水に浸けて塩出しし、2時間ほど乾かします。
DSCN5762.jpg
味噌も新たに1キロ買って来て、
醤油100cc、みりん50ccを加え、
味噌床を作りました。

が、前回の味噌の方が良かった・・・。

実は、前回使った味噌は、
賞味期限はまだまだ先だったのですが、
保管していた室温が高かったみたいで、
未開封にもかからず発酵が進み、
味噌の色は、こげ茶色に変色し、
パックの蓋もふくれ上がりパンパン、
急きょ、味噌漬けに使った次第。

味噌パックの後ろを見たら書いてありました、
風味を保つために開封前も冷暗所か
冷蔵庫に入れておいた方がいいと・・・。

だから、味噌床も、漬かった野菜も、
黒に近い茶色というかこげ茶色。
ただ、味噌の香味は断然良かった。

風味や香りは、すごく芳醇で癖があるくらいで、
味も塩気もこなれて、まろやかな熟成した味。

昔、母親がキットを買って、
自宅で自家製味噌を作ったことがありますが、
仕込んで1年よりは2年目の方が、
味噌樽の蓋を開けると、
家中に熟成した味噌の香りが漂って、
ほんと自家製味噌は美味しかった。

味噌汁などは別でしょうが、
「味噌漬け」用の味噌は、
1年以内の味噌は若すぎて尖った味で、
2年以上熟成させた「田舎味噌」の方が、
風味もあって味も深くてこなれてて、
私の「好み」だと今回わかりましたねぇ。

レシピにも、
「昔は、自家製の味噌樽の下に、
野菜の味噌漬けが沈んでいた」
と書いてありましたねぇ。

沢山漬けたのに、
最初のあの味噌漬けの味を再現できず、
ほんと残念、というかショック・・・。

今度味噌を買うときは、
「田舎味噌」と書いてある商品か、
色が褐色で濃い色の味噌を買わないとですね。
スポンサーサイト