ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



「エンパナーダ」~チリ独立記念日~

今朝、家のご近所さまから、
色んな種類のブドウを沢山頂いたのですが、
食べきれないので、半分を本日のサービスに。
20130918ブドウ色々
一度に色んな種類を味わえるなんて、贅沢!
ごちそうさまでした!

お店の方はというと、
昨日貸切営業時間帯にいらして、
玄関の外の張り紙を見てお帰りになったという、
ご婦人お二人がご来店。

初めて?ご来店くださったようで、
ご注文の「台湾ビーフン」もお口に合ったようで、
ご自宅でもビーフンを作りたくなったようで、
販売品の乾燥ビーフンをお求めくださり、
さらに、どんな調味料を使ったのか結構訊かれ、
とても興味津々でしたねぇ。

お帰りの際には、
「今日来た甲斐がありました~」
とおっしゃてくださって、
2度も足を運んで頂き、誠にありがとうございました。

ところで今日は、
午後のヨーガ教室が始まる頃、
展示者の佐竹さんをご紹介くださった常連さまと、
佐竹さんが待ち合わせ。

いらした佐竹さんの手には、
布がかぶせられた大きな入れ物。

何かと思ったら、
焼き立て手作りの「エンパナーダ」!
20130918エンパナーダ1
わかりやすく言うと、「ミートパイ」で、
チリやアルゼンチンの代表的な料理だそうです。

ちなみに今日は、なんと、
チリではスペインからの「独立記念日」!だそうで、
このエンパナーダを作って祝うのだそう。

中身の具は、牛ひき肉、玉ねぎ、干しブドウ、
オリーブ1粒、茹で卵半分が、そのまま!

手持ちのレシピ本では、
茹で卵は刻んで入れてましたが、
本場チリでは、半分がそのまま入れるんですねぇ。

味付けは、塩コショウ、
オレガノ、クミン、チリパウダーとシンプル。
20130918エンパナーダ2
シンプルな味付けで、
玉ねぎの甘さ、牛肉のうま味が良くわかる!

スパイスの使い方からすると、
中東料理のような、ヨーロッパのような感じも。

生地はさすが手作り!、粉の味が良く分かり、
厚く取ったひだの部分は、
しっかり焼き目をつけるそうで、
「練り込みパイ生地」に似てて香ばしい。

初めてのしかも本場の「エンパナーダ」。
素材の味が良くわかる、飽きのこない、
毎日食べれる味ですねぇ。

そうそう、具は他に、
モッツアレラチーズを入れたり、
魚介類を炒めた物を入れたりするのだそう。

チーズは絶対!合うでしょうねぇ。
ワインにも合うそうですよ。

ちょうど「トマト」を食べ終わった
常連さまがいらしてたのでお勧めすると、
最初はお腹いっぱいのようで、
「見るだけで・・・」
とおっしゃってましたが、
「食べられちゃったわ」
と一つぺろっと召し上がってましたねぇ。

ほんと、美味しかったです!

それから閉店まで、
チリでの生活水準や物価、
本や出版業界事情や食文化事情、
採れたて完熟アボカドがどれほど美味しいか、
はたまた荷物を盗まれた話など、
チリでの体験談を沢山!聞かせて頂き、
ほんと、どのお話も興味深かったですねぇ。

お帰りの際には、
「(独立記念日を)一緒に祝って頂き、
ありがとうございました」
とおっしゃってましたが、
チリを愛してらっしゃるんですねぇ。

今日の日にエンパナーダを頂かなかったら、
チリ独立記念日を一生知ることもなかったかも。

手間のかかった貴重な現地の味を、
しかも沢山作って持って来てくださって、
ごちそうさまでした!

また、チリを身近に知る機会をくださって、
ありがとうございました!

ところで、4時半近く、
11月の展示をしてくださる、
ステンドグラス作家の「阿部ともこ」さんが、
DMチェックにご来店。

前回いらした時、
作家活動が「八方ふさがり」な状況だったようで、
お話ぶりも内容もかなり「堂々巡り」だったので、
遠慮なく言いたいこと言わせてもらい過ぎて、
ちょっと反省してました・・・。

が、今日いらしたら、
「アークオアシスでの講師決まりました!」とか、
「古町のショップに気に入ってもらえて、
万華鏡、置かせてもらえるようになりました!」
と自ら報告してくださって、
「動いてみるもんですねぇ」
と感慨深げ。

前回言われた通りに動いてみたら、
思った以上の成果があったようですねぇ。

「家具店の方もこれから回ってみます!」
とおっしゃって、
「『インテリア』なんですから、
そっちこそ狙って行かなくちゃ!
『ぐちぐち悩む前に、まずやることやってから悩め』
ってことですよ、やっぱり。
まだまだこれからですよ。頑張ってください!」

見違えるように積極的になられてて、
前回ご提案した「名刺100枚配り」も、
早速実行されてるようで、
佐竹さんや常連さまに早速お渡ししてたし、
同じくご提案した自作作品の「ポートフォリオ」も、
早速作られたようで、今日も携帯されてて、
佐竹さんたちにサッとお見せ出来てましたねぇ。

前途が明るくなられたようで、ほんと良かった。

ところで、阿部さんも昔、研修で、
佐竹さんも行かれたチリ?の都市に行かれたそう。
偶然にもチリでの「プチつながり」が判明し、
佐竹さんもちょっとびっくりされてましたねぇ。

そういえば、展示が始まってから、
チリに行ったことあるお客さまは初めてかも。

せっかくなので、
阿部さんにもエンパナーダを1個お福分け。

アークオアシスで始まる、
阿部さんのステンドグラス教室は、
10月12日(土)に「体験教室」があるそうです。
興味のある方は、ぜひ!
スポンサーサイト