ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



実家の味~黒豆&味噌漬け~

今日から展示が替わり、
がらっと雰囲気が変わりました。

早速、前回の「初夏のハンドメイド展」で、
作品を幾つかお買い上げくださった方が、
「トマト」&展示をお目当てに、
ご近所の方と一緒にご来店。

柏崎に住む妹さんにテレビ電話を掛け、
展示品を一通り撮影しながら、
欲しい作品を聞いてらっしゃいましたねぇ。

すごい時代になりました・・・。

また他にも、初めて?ランチにいらした方も、
お気に入りの作品が見つかったようで、
良かったです!

他にも常連の方々もご来店くださって、
本日もご来店頂きました皆さま、
ありがとうございました!

ところで、最近、帰省する姪っ子のために、
丹波の黒豆を購入したのですが、一袋850円!
20130924丹波の黒豆
ただし、定価で買ったらですが(笑)

賞味期限は、まだまだ先の11月なのに、
どうも新物の黒豆が出回る前に、
去年産を売り切りたいのか、なんと半額!!

とはいえ・・・・
値引きを全然していない普通の黒豆よりも、
値段が高いって・・・。

「腐っても鯛」ではないですが、
「丹波の黒豆」って高級品なんですねぇ。

で、姪っ子たちが帰省した土曜日に、
煮はじめた丹波の黒豆。

が、結局土曜日は、
思いがけず一日バタバタして、
火加減を強くすることが出来ず、煮上げられず。

日曜日に火入れして水分を飛ばし、
2日間味を含ませ、ようやく今日完成。

トータル8時間の火入れ&
3日がかりの黒豆づくりとなりました。
20130930丹波黒豆煮3
「鉄さび」の類を入れなかったので、
「黒光り」の仕上がりとは行きませんでしたが、
何度か煮こぼしてアク抜きした割に、
黒さが残ったのは、さすが丹波産ですね。

柔らかく煮あがった割に煮崩れせず、
ねっとりした肉質も、さすが。

3歳の次女の姪っ子の口にも合ったようで、
「家に持って行く」
と言ってくれ、作った甲斐があるというものです。

また、先日漬けた糸ウリ、ミョウガ&
生姜の味噌漬けも味噌床から出し、
食べやすいようにカット。
20130930野菜の味噌漬け
先日テレビで、
ホテルの人気「朝ごはん」特集をやっていて、
和食が人気の某ホテルレストランでは、
刻んだ「生姜の味噌漬け」が特に評判だとかで、
早速、真似して刻んでみました。

確かにこの方が、
塩辛い味噌漬けを食べすぎることなく、
フリカケのように食べられますねぇ。

姪っ子たち、
この味も気に入ってくれるといいのですが。
スポンサーサイト