ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



初めての団体さま

今日は1Fでは、常連の方をはじめ、
昨日ランチにいらした方々と同じ職場の方々が、
お昼休みに制服姿でご来店、
昨日の方々と同じ「フォー」をご注文。
昨日の方が、おススメくださったんでしょうかねぇ。

ありがとうございます!

またさらには、昨日いらした上司の方より、
「お皿」を預かってらして、お持ち帰りのご注文も。

確か、数か月前、
同じようにテイクアウトのお問い合わせがあり、
テイクアウト用の容器の準備をしてなくて、
テイクアウトをお断りしたんでした。

その節はご要望にお応えできず、失礼しました。

そしたら今日は、お皿のみならず、
「ラップ」1本!もご持参くださいました。

ラップが未開封だったら、
店のラップを使おうと思いましたが、
開封されてたので有難く使わせて頂きました(笑)。

いや~、それにしても、
ラップまでご持参くださるとは、さすが某職場、
そして、さすが女性上司!さん。

「気を遣う」というのは、
ここまで遣うものなんですねぇ、勉強になりました。

同じ職場の皆さまに何度もご利用頂けるなんて、
有難いことですねぇ。
ご利用、ありがとうございました!

ところで、今日の2Fは、大人10名さまのご予約。

予定時間を押して次々ご来店された皆さまは、
スーツや作業着の男性が5、6名と女性の方々も。

皆さん、アラサーくらいの若い方々で、
何やら資料を持ち込んで、熱心にというか、
熱気充満なくらいに打ち合わせされてたとか・・・。

最初いらした時、
「これから学校に行く」とおっしゃってたそうで、
「劇団員さんか何か??」と勘ぐっていたら(笑)、
午後に近くの中学校に出向き、
中学生に就労意識を養うために設けられている
「プレジョブ」体験の一環?で、
生徒たちに其々の仕事を「プレゼン」をするのだとか。

オーナーがお話を少し伺った男性は、
柏崎!の職場からいらしてたとか。

本日ご予約くださった代表の方が、
以前ママ友さんと2Fでランチをされたそうで、
ここは学校からも近いし、スペースもあるので、
当店をご指名くださったようですねぇ。

ご指名、ありがとうございました!

それにしても、
「若い男性が一度にこんなにいらしたの、
店が始まって初めてじゃない?!」
とオーナーも申しておりましたが、
確かにいつもは年配の女性の方々が多いので、
いつもと違う空気が流れてましたねぇ。

元気な、ワイワイと盛り上がってる感じが、
2Fから伝わって来てましたし、
お帰りの時にも「ごちそうさまでした!」
「美味しかったです!」などなど、
笑顔で元気な気持ちのいい言葉を掛けてくださって、
職場を代表して来られたのでしょう、
選ばれし「若き職場のエース」!って感じで、
さすが!というべき好印象な皆さんでしたねぇ。

大勢さまでのご利用頂き、
またハツラツとした空気も運んで頂き、
「久しぶりに若い人に接したわ~♪」
とオーナーも刺激を受けたみたいで(笑)、
こちらも元気を頂きました!

ありがとうございました!

「プレジョブ」と言えば・・・・
学生の頃「15歳のハローワーク」が確かベストセラー、
中学生の「職場体験」が始まったのもこの頃。

ちょうど大学の指導教官が、
市が主催の「職場体験合宿」案の相談を受けてて、
その関係でその合宿にも学生ボランティアで参加、
職場体験する小学生たちの付添に行きましたねぇ。

あれから確実に「プレジョブ」の概念が、
学校現場に定着したみたいですねぇ。

「プレジョブ」って、児童や生徒たちが、
学校でやってる勉強やすべての活動が、
社会や自分の将来に繋がってるってことを、
リアリティを伴って実感できる、ホントいい機会です。

そうそう、今日のランチタイム、
せっかくランチをしにいらした方々や、
予約の展示品を取りに来たついでに、
食事をしようしてくださった方もいらしたのに、
駐車場が満車でお帰り頂いたり、
2Fの注文品で手いっぱいでお断りしたり・・・。

大変失礼な状況が一時発生してしまい、
誠にすみませんでした。

午後には、「ぱすてるの森」さんがが、
近々行われる合同展と個展のDMを持ってご来店。

お忙しくしてらっしゃるようで、何よりです!

そうそう、「ぱすてるの森」さん、
「DMを置かせてもらうので・・・」
とお菓子を持って来てくださって、
「うち、そういうことしてませんので!!」
とお断りしたのですが、
「いやいや・・・
こちらで初めて展示やらせて頂いて、
あれからすべて変わりましたから。
来る途中も『ここが全ての始まりだったんだなあ』
ってしみじみしちゃって。鳥肌立ちました」
とおっしゃってくださいましたねぇ。

ありがたいことです、そんな風に言って頂いて。
お声掛けした甲斐があるというものです。

有難く頂きます、ごちそうさまでした!

「ぱすてるの森」さんをはじめ、
震災後に展示してくださった福島の皆さん。

あれから2年半が経ちましたが、
それぞれ得意分野を活かして、
新潟での活躍の場をどんどん広げられ、
確実に前に歩み出してらしてて、ほんとすごい・・・。

そんな活躍のお話を耳にする度、
こちらこそ感慨深く、またうれしい限りで、
逆に「私も頑張らなきゃ」と思うのです。

ちなみに、来店3月にも、
3回目の避難者の方による作品展をお願いしており、
楽しみにしております!

また「ぱすてるの森」さん、
展示もじっくりご覧になって、
「ガラス好きにはたまりません~!」
「毎日こんな作品を見れて、うらやましい!」
とおっしゃってましたねぇ。

展示が始まって1週間。

比較的高額商品が多いのですが、
お客さまにお気に入りが見つかって、
予想以上に動きがありましたねぇ。

玩具の万華鏡に比べたら、
阿部さんの作品は美術品のようなレベルで、
全く同じものが作れない1点ものばかり!

しかも、同じような作品でも、
東京のデパートだと数倍の値段がするそうで、
今回かなり安くご提供くださってるそうです。

ぜひお早めにご覧くださいませ!
スポンサーサイト