ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



秋の味~新発田のさわし柿2~

今日も常連の方々をはじめ、
お久しぶりの方々や、
初めてお嬢さんをお連れ下さった方や、
展示者の阿部さんの知人の方々や、
阿部さんの展示を何度か観たことがあるという方が、
初めてご来店くださいましたねぇ。

初めてご来店された方は、
「前に迷って来れなくて、やっと今日来ました。
(店内を見ながら)いいところだったんですねぇ~」
とおっしゃってくださって、
色々お話を伺ったら、意外や意外、
徒歩圏内、自転車ならすぐの所にお住まいとか。

しかも92歳のお母さまが、
スペインの人形を今でも作られてるそうで、
近くの喫茶店でも展示をしたこともあるとか。

その人形の作り方が特別で、
スペインから取り寄せる「粉砕コルク」を、
お腹に詰めこむそう。

もともと戦争で心が荒んだ子ども達の心を、
癒すために作りだされた人形だそうで、
眼は、敢えて「伏し目」に描くのだとか。

92歳で現役で作ってらっしゃるって、
ほんとすごいですねぇ。

また、次の展示「ネパール写真&石展」に、
興味がおありのようだったので、
展示内容を簡単にお伝えしたら・・・・

「知り合いがネパールに住んでて、
夏だけ帰国するんだけど、その時カレー粉を3袋もらって、
一袋は友達にあげて、一袋は自分で使って、
もう一袋あるから、今度持って来てあげますよ。
ぜひ味見してみて!」
とおっしゃってくださいました。

現地ネパールのスパイスだなんて、
超~興味津々、味見してみたいですが、
初めてご来店くださった方から頂きものだなんて、
なんだか申し訳ないですねぇ。

「あなたに分けてあげたいわ~」
と思って頂いただけで、十分「有難きコト」です、ほんと。

迷ってもめげずに再度足を運んで頂き、
誠にありがとうございました。
来月の展示でのご来店もお待ちしております!

夕方には、常連さまがお茶にご来店。

先日新発田の柿農家さんの「立派なハネ品」を、
分けてくださったのですが、
今日もまたまた同じく「立派なハネ品」をお福分け。
20131126新発田のさわし柿
ほんとキレイな「お尻」ですねぇ。

実が、結構固めなので、
もし渋が抜け切れていないようなら、
しばらく室内に出して置いて熟させるといいとか。

これでもうちょっと、お食事してくださった方々に、
サービスで柿をお出しできますねぇ。

立派な柿を沢山届けていただき、
ありがとうございました、ごちそうさまでした!
スポンサーサイト