ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



新作搬入&チェコ少年合唱団

今日は10時には「セッション」のお客さまで、
佐藤さんと横山さんも10時にはご到着。

他には、開店前ということでオーナーのお友達が、
「メモが色々書けるの持って来てあげたわよ~」
と来年の大判のカレンダーを2本や、
オーナーに専門のヘアスプレーを持ってご来店。
いつもありがとうございます!

今朝、佐藤さんから、
3日前にカトマンズから届いたばかりという、
「レモングラス」を1袋頂いたので、
20131218レモングラス

早速お出しして、試飲してもらいました。
20131218レモングラス試飲
私はバタバタしてて飲めませんでしたが、
「美味しい」とおっしゃってましたねぇ。

試飲してからご購入を決めたい方は、
試飲のご用意いたしますので、お声掛けくださいませ。
(忙しい時は、お応えできない場合もあります)

午後からは、常連の方をはじめ、
昨日来てくださった方がまたまたご来店、
「セッション」&ランチをしてくださったり、
展示者関係の初めての若い女性お二人が、
グリーンカレーをお目当てに?いらしてくださったり。

グリーンカレーのお二人は、食べ始めてから、
「大盛りにしてもらえますか?」とか、
「今度は大盛りにします」
とおっしゃってくださって、
お口に合ったみたいですねぇ。

そういえば、先日いらした若い女性も、
「美味しいです!」
とおっしゃってくださって、
色んなお店でグリーンカレーを食べたけど、
味も様々で「マズイ店」もあったそうで、
「食べられないもの」もあったとか。

お口に合って良かったです!

というか・・・・
私はタイで食べた味を再現すべく作ってるだけで、
この味を創りだしたタイ人の味覚がすごい!

昼過ぎには、ビーズ&かぎ針編みの中野さんが、
新作搬入&特注品の確認でご来店くださいました。

まずは、新作のニットのガマグチ。
20131218新作5色

今までの金具より大きくなり、
全体のサイズも一回り大きくなりましたねぇ。
20131218サイズ2

他には、お久しぶりの方がご来店。

去年の横山さんの展示でたまたまご来店で、
天然石のブレスレットを気に入られ、お買い上げ。

今回もブログをご覧になって、
足を運んでくださったそうで、ありがとうございます。

今日は、またまたお気に入りが見つかったばかりか、
傍らで行われていた「セッション」を見ていたら、
ご自分でもトライしてみたくなったそうで、
エネルギー?をお受けになることに。

かなり長い間、目をつぶってイスに座り、
横山さんから気功のような施しを受けてましたねぇ。

また中野さんの新作帽子に目が留まられ、
オシャレなラインが入った、
デザインニット帽を気に入ってくださいましたねぇ。

そういえば、
夏には同じく中野さんのニット帽を気に入られ、
その場で被ってお帰りになったんでした。

「『杜々』さんに来るときは、
お金下ろしてこないと(笑)、近くに郵便局ないし」
とおっしゃってらっしゃいましたが、
有難きお言葉ですねぇ、ほんと・・・。

今日もお気に入りの品が見つかって、
しかも偶然にも作家お二人にもお会いになれて、
ほんと良かった。
ありがとうございました!

今日も閉店まで、いやその後まで、
お二人に会いに連日のように通ってらっしゃる方々で、
ほんとすごい・・・。

ただ、今日は夜にコンサートに出かけるため、
閉店時間で切り上げさせて頂きました。

「りゅーとぴあ」のコンサートホールで、
今年最後の「新潟音楽鑑賞会」の例会、
「チェコ少年合唱団クリスマスコンサート」で、
行けなくなった人のチケットを譲り受け、
急きょ、代わりに聴きに行くことに。

少年合唱団のコンサートは、
小学校の時に親に連れられて聴きに行った、
「ウィーン少年合唱団」のコンサート以来。

コンサートが始まる前に小腹が減ったので、
スタンドによっていつものドーナッツ&コーヒー。
20131228開演前
プログラムを見ると、
クラッシクから日本の曲、チェコ民謡、
クリスマス曲、ミュージカルメドレーと、
バラエティーに富んだ内容で、楽しみ!

席は、なんと前から4列!の右端・・・。
20131218前から4列目

内容は、幕開けから演出が凝っていて、
ほんと盛りだくさん!

少年合唱の美しい歌声はもちろん、
衣装チェンジは4回もあり、
飽きさせないように趣向を凝らした様々な演出、
MCの少年二人は、全て日本語でプログラム進行。

日本語の曲は全部で6曲ほどあり、
なかでも、
「東日本大震災から立ち直ろうとしている皆さんに
僕たちからのプレゼントです」
と一輪の花を手にして歌った「花は咲く」と、
「Believe」は涙ものでしたねぇ。

後半には、代表的なクリスマスソングや、
「ハレルヤ」、「歓喜の歌」と続き、
来週には同じ場所で「第九」を歌うオーナーは、
一緒に口ずさんでましたが、
「この「ハレルヤ」早すぎて付いて行けない・・・」
と言ってましたねぇ。

アンコールは、小道具を使いながら数曲、
最後はお決まりの「ふるさと」を、
会場のお客さんと一緒に合唱。

天に昇るような美しい歌声と、
盛り沢山な内容で、大満足のコンサートでした!

この時季用にCDがもう一枚欲しかったので、
今日のコンサート内容が入ってる1枚を買って、
サインしてもらいました。
20131218チェコ合唱団CD1

20131218チェコ合唱団CD2
通訳スタッフさんが言うには、
メンバーは11~19歳だそうで、
ウィーン少年合唱団よりも年齢層が高く、
歌声も低音がしっかりしてる感じ。

19歳のメンバーは、少年というよりは青年、
29歳といっても納得する貫禄で、
最前列の最年少の少年は、歌いながら、
時折「あくび」をごまかしてましたねぇ(笑)

今日は2ステージで、さぞ疲れたことでしょう。

お蔭で今日は、クリスマス&年末モードを、
チェコ少年合唱団の生唄!で一足先に味わえて、
なんとも贅沢な気分で一日を終えることができました。
スポンサーサイト