ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



福島風浸し豆

今日も年の瀬のお忙しい中、
お餅を取りにいらっしゃる方や、
常連の方々をはじめ、
お久しぶりの母娘たちさんがご来店。

こちらの母娘さんは、
篠笛の狩野さんのコンサートの時初来店され、
その後も狩野さんのところで篠笛を習っている、
中学生さん娘さんとご来店くださいましたねぇ。

今日は、上のお姉さんもご一緒で、
遅めのランチを皆さんでしてくださいました。

ありがとうございました!

ところで昨日高島さんから教えて頂いた、
福島定番の「浸し豆」。

早速、昨日の閉店後、
スーパーで「味付け数の子」を探してみたら、
そこのスーパーでは「お汁」に漬かっておらず・・。

なので、自前でタレを調合することに。

「味付け数の子」の味見をすると、
「イクラの醤油漬け」の味に似ていたので、
醤油、酒、みりんの原液を基本に、
味見しながら薄めて浸し液を用意。

で、一晩漬けるとこんな感じ。
20131227福島風浸し豆
味のない大豆を食べるには、
ちょっと味が薄かったようなので、
昨日の原液を足して、濃いめに調整。

数の子のポリポリした歯ごたえと、
冷えた大豆のサクサクした歯ごたえが面白く、
また、大豆の香ばしい香りと
大豆特有の油っこさが口に広がって、
おっしゃってた通り、箸が止まらないですねぇ。

お蔭で、新しい我が家の味が一つ増えました!
って、ほんとにこの味付けでいいんだろうか(笑)

いつか本場の味を食べてみたいものです。
スポンサーサイト