ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



新聞掲載2日目

今日は新聞掲載から2日目。

開店前から、新聞記事をご覧になった方より、
新発田からの行き方を尋ねるお電話があり、
しばらくして、ご夫妻でいらしてくださいましたねぇ。

こちらのご夫妻は7、8年前に、
ご主人の大学時代の友人と一緒に、
ヒマラヤに行かれたことがあるそうで、
「この写真、私も撮りました」
とおっしゃる奥さま。

結構ヒマラヤって、
行ってらっしゃる方っているんですねぇ。

他にも、開口一番、
「昨日の新聞に出てたろも、場所、どこらね」
と言うお電話があり、
「えっと・・・・・東区東明4-3-22です」
「(苦笑)だからぁ、そうでなくて、どこなんだ!」
「えっと、そうしましたら・・・・
最寄駅は、JR信越線の越後石山駅になります」
「それで?」
「線路沿いの道はご存知ですか?」
「ああ」
「そこに看板が出ています」
「そこらに『金信酒屋』ってあるろ」
「ああ!ここら辺をご存じなんですね。
そしたら、そこは今は更地になってますので、
そこから新潟方面に通り3本目です」
「結構向こうだな」
「そうなんですかねぇ。
造園屋さんの所に看板を出させてもらってるので、
そこを入って来て頂くと右手にございます。
突き当りが東明保育園になります」
「その造園屋ってなんて言うんだ」
「ハイブリッジガーデンさんです」
「ふーん・・・
そこは色々展示があるんかね?」
「そうですね、今は1か月ごとに替わります」
「ふーん、休みはいつなの?」
「日曜日です。11時から17時までやっております」
「遅いな」
「え?・・・
あ、ランチタイムに合わせての開店なので・・・」
「なに、そこで食事ができるの?」
「はい、飲食ができるスペースが隣にございます」
「・・・・・・・」
「あ!、別に飲食して頂かなくても、
展示だけでもご覧いただけますので」
「ふーん」
と背後からはテレビの音が流れ、
個性的な年配男性からのお電話があったり。

夕方には、関屋の方からいらしたという男性も。

関屋からわざわざいらしてくださったのかと思ったら、
たまたま同じ記者さんが担当し、
数日前に新聞に出てた別の写真展を観に来たついでに、
当店へも寄ってくださったそう。

ちょっと迷われてご来店されたみたいで、
「こんな住宅街にギャラリーがあったんですねぇ」
と意外だったご様子。

確かに、初めてご来店くださる方には、
分かりづらくご迷惑おかけしております。

今日もご来店頂きました皆さま、
ありがとうございました!

それにしても、新聞に掲載れたとはいえ、
当店でこれまで開催した写真展の中では、
一番の反響、反応ですねぇ。

やっぱり「世界のヒマラヤ」ともなると、
なかなか撮れない被写体だし、
そう簡単に行ける場所ではですからねぇ。

新聞掲載してくださったおかげで、
憧れや特別な思いを持った方々に
展示の情報が届いたってことですねぇ。

有難いことです、ほんと。
スポンサーサイト