ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



引き続きネパール繋がり

今日も今年初めての常連の方々が、
早めのお茶にいらしてくださったり、
ランチや午後のお茶にいらしてくださったり。

「あけましておめでとうございます、
今年もよろしくおねがいします」
とご挨拶できる有難さ、ほんと有難きことです。

午後には、隣の町内にお住まいだという、
初ご来店の年配の男性がいらして、
入店されるなり、作品より店内空間、
ギャラリーの規模を見定めてらっしゃるご様子で、
「何点作品、掛けられる」
と早々に声をかけて来られました。

昨日の夕方、
「新聞を見た、今何の展示してる。展示料はいくらか」
という問い合わせ電話があったので、
「ああ!もしかして昨日電話くださった方ですか?」
と聞くと、そうでした。

ご自分は水彩をやっていて、
中越地方で油絵をやってる友人がいて、
「いつもあっちの方で展示してて、行くのも遠い。
新潟で個展やれば、一段上手くなるはずなんだ」
と友人のために、友人に代わって、
新潟の展示会場を見て回ってる最中なのだとか。

他には、午後には長岡ナンバーの車が入って、
いらしたのは母娘さま。

聞けば、先日の展示記事をご覧くださって、
ご来店くださったそう。

オーナーが伺ったところによると、
娘さんは、以前ネパールに行かれたことがあり、
しかも3か月ネパールに滞在されたのだそう。

なんで行かれたのかというと、
ネパールでの農業指導に残りの人生をかけている、
あの近藤亮さんを訪ねて行かれたそうで、
そこでボランティアをされてきたのだそう!

お母さまのほうも、
「ヒマラヤは飛行機の中から見た」そうで、
「路上に品物を並べて売っているような
現地の市場では、天然石とか、ほんと安く売ってるのよ」
と教えてくださいましたねぇ。

そうそう、「猫写真展」にも興味を示して下さって、
ありがとうございます!

いや~、それにしても、
展示の情報が新聞に掲載されてからというもの、
見かけにはよらない、
非常にバイタリティーのある、
誠に興味深い経験をお持ちの方々が、
展示を観に次々ご来店くださって、ほんとびっくり。

新聞掲載されてなかったら、
絶対出会えなかった方々ばかりで、
ほんと新聞に掲載して頂いたおかげです。
改めて記者さんに感謝。

そして今日もご来店頂きました皆さま、
ありがとうございました!

スポンサーサイト