ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



夜営業

今日は朝から久々の方々が、
今年初のランチにいらしてくださったり、
「今日、やってますか~。
これから行きたいんですけど2F空いてますか。
大人2人子ども2人です」
とお電話があり、しばらくして車が入ったので、
お出迎えに出たオーナー。

車からお子さんが降りて来たので良く見たら、
「あら~!○子ちゃん・・なの?!」
と驚くと、
「とどさぁ~ん!」
と両手を広げて走り寄り、抱き付いて来たそう。

5年くらい前に当店を会場にした、
スチールパン、チェロ、ギターのライブがあり、
その時ママ&パパさんに連れられていらしたのが最初。

幼稚園に上がってからご無沙汰で、
ほんと久々のご来店。

すっかり大きくなって、ご来店中、
「これ欲しい~!○子~、これママに買って~」
とママが言えば、
「えー、○子、お金ないよ~」
と応えてたり、
「フランスに行ってきたんだよ」
と言うので、
「へ~、フランスに行ってきたの~。
アメリカじゃなくて、なんでフランスだったの?」
とオーナーが聞くと、
「うーん・・・わかんない。それはママに聞いて!」
と大人と普通に会話が出来ててビックリ。

幼児の頃からママさんやパパさんが、
ライブなどイベントに色々連れて行かれてたので、
「感受性豊かな子に成長するだろうな」
と思ってましたが、
興味関心が旺盛で、人見知りしない、
自分の考えをはっきり伝えられるお子さんに成長。

今年小学1年生だそうですが、
いや~、これは将来が楽しみですねぇ。

そうそう、ママさんの方は、お琴を弾くと伺ってたので、
来月の「年初め事始め大会」への参加をお願いすると、
「『頼まれた時は、試されてる時』だわ・・・やるわ!」
とおっしゃってくださったそう。

「『頼まれた時は試された時』、だからやる!」

とは、すごい名言ですねぇ。
ちょっと忘れられそうにありません。

やはりこの親御さんに、このお子さんあり!
ですねぇ。

久々のご来店、ありがとうございました!
成長ぶり拝見で来て、うれしかったです。
「事始め」の方も、楽しみにしております!

今日は他にも、常連の方で今年初めての方や、
超常連の方が仕事の合間にランチにいらして下さったり、
新聞を見て初めていらしたくださった男性も。

「いや~、居心地良くて、帰りたくなくなるな~。
薪ストーブとか、こういう感じ好きなんだよな~」
と店の雰囲気をいたく気に入られたようで、
店内あちこちをご覧になっては、感想を述べられてて、
気に入って頂けて良かったです。

午後には、ビーズ&ニットの中野さんが、
12月の展示で出会ったお客さまと待ち合わせ。
長いこと色々お話されてたようで、
お二人でお茶もしてくださいましたねぇ。

また夕方には、
近くのコンビニにバイトしている、
近所の女子高校生さんがご来店。

「さっき、バイト先に来たお客さんに、
「杜々」さんへの行き方を教えたんですけど、
ちゃんと来れましたか?」

とわざわざ確認に来てくださって、
しかも大事なバイト代でご注文まで。

「ケーキセット」を頼もうと思って来てくださったのに、
夜営業の準備で手いっぱいで対応できず、
「紅茶」にして頂きました。
すみませんでした。

オーナーがお話相手して近況などを伺うと、
すでに進学先も決まったそうで何よりです。

お客さんが来れたか確認しに来てくださって、
ありがとうございました!

また今日は、中野さんのネックスを去年買われた方が、
そのネックレスをバックチャームにしてらして、
とても良かったので写真に撮らせて頂きました。
DSCN7148.jpg
バリバリの営業職の方なので、
ガッツリPC用のビジネスバックでしたが、
女性らしさが出て、良かったですねぇ。

ちょうど製作した中野さんもいらしてて、
作ったご本人も思いもしなかった使い方だったようで、
「資料にしたいので、私も撮らせてください」
と写真撮ってましたねぇ。

色んな方々がご来店くださって、
色んな価値観が交じり合うと、
思いもしなかった新しい価値が生まれ、
それまでの世界がぐっと広がるものなんですねぇ。

閉店後の18時からは、夜営業。

オーナーのボランティア仲間6名さまの、
1年ぶりの顔合わせ食事会です。

今日のラインナップは・・・

木耳の冷製(台湾)
20140118木耳冷製
中国料理の冷製料理「涼伴」の一つ。

中華風の甘酢タレに、
戻して熱湯に潜らせ水分をとった木耳を浸し、
冷蔵庫でガッツリ冷やして準備。

食べる直前に、白髪ねぎ、人参、キュウリの千切りを
さっと和えます。

手持ちの台湾料理のレシピ本には、
木耳の他は、白髪ねぎとパクチーのみですが、
蘇州に行ったとき蘇州麺の有名店で食べた、
「切り昆布の涼伴」をまねて、
キュウリと人参の千切りも入れてみました。

木耳は、上海の外資系のスーパーで、
一番値段が高かった特級の木耳を使ったのですが、
水に戻すと1個がすごく大きくなり、
2、3カットしても1カット分が、
フツウの木耳の1つ分よりも大きい!

そのためか、
「どいう状態でこの木耳、売ってるの?
戻した状態で売ってるものなの?!」
と召し上がった方は驚いてましたねぇ。

バイ貝の韓国風(韓国)
20140118バイ貝の韓国風煮
昨日の閉店後、原信に買い出しに行ったら、
旬なのか、大量に売ってたので使うことに。

甘醤油タレにニンニク、唐辛子粉を入れて沸かし、
生のバイ貝を入れて一煮立ちさせて冷まし、
味をしみこませます。

豆腐とひき肉のキノコ蒸し(台湾)
20140118豆腐とキノコのひき肉蒸し
寒いので温かいものを用意。

豚と鶏のひき肉、豆腐、卵、キノコ等を混ぜ、
器に入れて更にキノコを上に乗せて蒸します。

器入り大きな蒸し肉団子って感じです。
肉とキノコから出る熱々のスープで、体が温まります。

サテー・アヤム(インドネシア)
20131214サテー・アヤム
冬は濃厚な味が欲しくなるので、
ピーナッツソース付きの焼き鳥を用意。

厚揚げのはさみ揚げ(タイ)
20140118厚揚げのはさみ揚げ
厚揚げに切り目を入れ、
豚ひき肉タネを挟んで揚げます。

肉タネは、豚ひき肉、春雨、パクチーの根、卵、
ニンニク、調味料などが入っています。
スイートチリソースを付けて。

白菜のミルク煮(北京)
20140118白菜のミルク煮
ほんと寒いので、またまたご用意のミルク煮。
今日は、一段と濃厚なエバミルクを作って、
仕上がりの濃度もいつもより濃いめに調整。

干しエビ、ハムの出汁、濃厚エバミルク味に、
たっぷりの生姜のみじん切りがアクセントです。

アサリとニラのチヂミ(韓国)
20140118アサリとニラのチヂミ
こちらも昨日の買い出しで、
アサリのむき身を見つけたので、久々に用意。
キムチの刻んで入れました。
酢醤油を付けて。

揚げワンタン(タイ)
20140118タイ風揚げワンタン
豚ひき肉、パクチーの根、ニンニクの肉タネを、
ワンタンの皮で包んで油で揚げます。
こちらもお好みでスイートチリを付けて。

高菜炒飯(日本)
20140118高菜炒飯

最後に、お客さまのお一人から差し入れ。
20140118東京土産
余った分を、私&家族まで分けてくださって、
ごちそうさまでした!

今日のお客さまは、
オーナーとボランティアつながりでしたが、
数十年前の保護者つながりでもあり、
お子さんたちが私と同学年だったり、
姉妹の同級生だったりして、
「小学校の時のH先生、今年退職だって!」
などという情報を教えてくださって、
「マジですかー!?、あの若かった先生が退職?!
うっわー、私、歳取るはずだわ~!」
「そうよ!もうあなた●●歳なんだから!」
と、日頃あまり意識しないような、
「現実」を突き付けられた感じでしたねぇ。

店を始めてから仕事環境は変化なく、
会社だったら役職に付くだの新人が入るだのとかいう、
対外的に年配になったと実感をする機会がなく、
生活環境もほとんど変わりがないため、
「役割」や「立場」に合った行為の必要性も無いため、
感覚的に私の歳は8年前から止まっていた・・。

が、それが間違っていることを今日痛感しました(笑)。

今日は予想よりもお昼の営業時間に切れ目が無く、
朝から1度も座ることなく、立ちっぱなし、
動きっぱなしのフル労働の12時間で、
夜の9時近くには珍しく異常に肩が凝るほどで、
さすがに疲れ果てましたねぇ、年齢に関係なく(笑)。

が、色んな方々にご来店頂き、
皆さまのお蔭でまたとない1日を過ごさせて頂きました。
本日もご来店頂きました皆さま、ありがとうございました!
スポンサーサイト