ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



新春美術展~浮世絵ねこづくし展~

今日は定休日。

またまたお昼過ぎに起きて、
1週間分のエプロンと布巾を洗濯機に放り込み、
昨日のベトアジイベントに続いて、
2日連続自転車で古町方面へ出かけることに。

今年の新春三大美術展の一つ、
「浮世絵ねこづくし」展を観に、
新潟市美術館に行ってきました。

猫が描かれた200年前の浮世絵・錦絵が並び、
館内は、作品保護のためかなり薄暗い照明で、
絵に顔を近づけてみないと、良く見えないほど。
そのためなのか、単なる猫好きが観に集まったからか、
絵の前で観てる人々が、止まって全然動かない!!

解説付きイヤホンを聴きながら、
はたまたじっくりと一枚一枚の解説文を読んでて、
ほんと前に進まない、動かない・・・

「こりゃ、2時間あっても全部見れないわ・・」
と諦めて、人が観ていない絵を狙って、
初めて間近で浮世絵を見てきました。

で、感想は・・・・

当時の猫の描き方は、ほんと、かわいくない!
描写がリアルすぎるのか、「化け猫」のイメージなのか、
唯一カワイイと言えば、座った猫の後姿くらい(笑)

ただ、浮世絵をこんな間近で見たのは初めてで、
その線の柔らかさ、繊細さ、色彩のセンスは、
ちょっと想定外の素晴らしさで、
初めて観るアートの世界って言うくらい新鮮で、
びっくりしました。

こんなに細くしなやかに描かれてる線が、
木版画だっていうんだから、ほんとすごい・・・。

昔、台湾の故宮博物館や、
NYのメトロポリタンミュージアムで観たような、
世界的な美術品や芸術品となんら引けを取らない。

浮世絵などが当時ヨーロッパに輸出され、
ヨーロッパの芸術家に多大なる影響を与え、
日本ブームが起きたといいますが、分かる気がします。

これは当時かなりの衝撃だったはずです。

猫は、ホント、かわいくなかったですが、
初めて日本浮世絵の素晴らしさを認識出来て、
それだけでも寒い中自転車で来て、ほんと良かった。

帰りは、美術館のショップで買い物。

実は、先週末、
年末にベトナムに航空便で送った郵便物が、
まだ届いてないということが判明、
郵便物が全くの行方不明に・・・

発送した郵便局に問い合わせると、
国際航空便とはいえ、普通郵便にしたため、
発送ナンバーが無いので追跡調査ができないとのこと。

電話口に出たのは男性職員さんで、
「EMSとかで出されましたでしょうか?」
「いいえ、定形外航空便です」
「そうしますとちょっと探すのは無理かと・・」
「じゃあ、ベトナム側の問題ってことですか?」
「はあ、そういうことになるんでしょうか・・・」

なんという無責任な・・・!

あの時、2つの国際郵便物を出しに行って、
「2つともEMSでお願いします」
って言ったのに、
対応した窓口職員の年配の女性は、
1個目の小包みの長々としたEMSの手続きを終えて、
次にベトナムの郵便物に取りかかるとき、
「こちら(ベトナム便)は定形外の航空便でいいですか」
となぜかこちらのオーダーを無視、
それしか選択の余地が無いような言い方だったので、
言われるまま、普通の航空便にしたんだっけ・・・

オカシイ・・・・

不審に思い始め、ブチ切れ寸前(笑)、
「最近、郵便物の未配達の不祥事続いてますよね。
そちらの郵便局内に発送し忘れてるとかってないですか?」
「いや~、そういことは・・・
毎日昨日の郵便物が残ってないか、
郵便物を入れておく箱を確認しておりますので・・・」

まったくらちがあきませんでした。
そして、あまりに人ごとな対応で、唖然。

精算は終わっていて、
「荷物がどこに行こうと、後は知りませ~ん」
だなんて、なんという無責任な仕事をしてるんだ・・・

こっちはサービスの対価、
「送料」をすでに前払いしてるんだぞー。

航空便の料金を受け取っておいて、
船便クラスの遅さで届いたり、荷物が紛失してたりしたら、
「結果責任」はどこが取るんだー。

と、喉まで出かかってましたが(笑)、
言ったところで、結果的に「航空便」にしたのは自分だし、
どうしようもない・・・

大事なものや必ず相手に届けたい品物は、
EMSや書留で出さないと、こういう事態があるのですね。
そうなら、最初に言ってほしかったです。

ま、勉強になりました。

そうそう、あと国際便を出すときはいつも、
日本郵便のHPで予め料金を算定し、
近所の小さな郵便局に出しに行ってたのですが、
その料金になったためしがなく、いつも高額に。
またHPにはお得な料金サービスがあるのに、
窓口ではその存在を知らなかったり。

国際便は、中央の郵便局から出さないとダメですね。

で、あの郵便物はベトナムにはいつ届くのか、
はたまた届かずに終わってしまうのか、
全く分からないので、再度ベトナムに荷物を送るために、
日本らしいグッズを幾つかチョイス。

後は、色んなジャンルの「猫アート」作品を集めた、
「猫まみれ」という本も1冊購入。
猫をモチーフにしたアイデアとセンスある作品ばかりで、
店内に置いておきますので、ぜひご覧ください。
スポンサーサイト