ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



翌日完売!

今日は開店前から店前に車があり、
常連さまが30分近く開店を待ってくださったり、
今週すでに2回に渡り、
沢山のお友達を連れて来てくださってる方が、
今日もまたまた新しいお友達といらして、
ゆっくりランチをして行ってくださったり。

午後には、常連さまたちや初めての方、
昨日搬入された新作を観にいらっしゃる方などが、
遅めのランチやお茶をしてくださいましたねぇ。

で、新作バックの方はというと、
昨日の今日でなんと完売!

まずはこちら、
「夢に見た」と先日お電話くださった方が、
まさに欲しいとおっしゃたのと同等のバック。
2014026新作バック2
昨日搬入してくださった時、
「これ、『夢にまで出てきた』って方が、
まさに欲しがってるのと同じバックなので、
うちでキープさせてください」と即、当店で取り置き。

すぐにその方にお電話すると、
早速今日、見に来てくださって、ご購入されました。

また、こちらの小さめの手提げも、
「ここの『赤』が入ってるのがいい!」
とおっしゃってご購入。
20140206新作バック3
実は、昨日搬入してくださった時、
「前に『赤の刺し色が良い』って言ってたから、
これにも『赤』をちょっと入れてみたわ」
と作者さんがおっしゃってて、
ちゃんとお客さまに伝わってましたねぇ。

お一人で2点もお買い上げくださったのですが、
裂き織りバック1点の相場価格にもならない安さ。

「ほんと電話もらってよかったです~!
ありがとうございました!」

と喜んでらっしゃいましたが、
お気に入りが見つかって、ほんと良かったです。
こちらこそ、ありがとうございました!

また夕方には、
昨日2度のご来店をしてくださって、
苺を一緒に味見された方が、またまたご来店。

「昨日買って行った『こぎんさしの鍋敷き』、
今日友達に見せたら『買って来て』って言われて」
とのこと。

しかも複数枚もご購入くださったので、
「頼まれたお友達は、何人もいらっしゃるんですか?」
と聞くと、
「いえいえ、自分のも(笑)」
とおっしゃってましたねぇ。

ありがとうございます!

また、
「こんな細かいの、自分じゃできないわよ。
買った方がいいわ~」とか、
「裂き織りやってる知り合いが、
『なんでそんなに安く売っての~』って言ってた」とか、
「バック、大きいものは全部売れちゃってるわねぇ。
またやらないかしら・・・」
とおっしゃってましたねぇ。

確かに、作り上げる時間と労力を考えたら、
今回の出品されてる品々は、安いし、
ヘタに自分で作るより、断然いい品々ばかり。

が、それにしても安過ぎなのは確かで、
労力に見合っていないというか、
作り手への「敬意と感謝」を、
正当にお支払い出来てないような気がして、
なんだか申し訳ない気にもなります・・・。

とはいえ・・・・
皆さまからの反響がとてもいいので、
今後も当店で継続して販売して頂けるよう、
お話を具体的に進めていけたら・・・・
と考えておりますので、お楽しみに!

今日も寒さ続き、牡丹雪が舞う中、
ご来店頂きました皆さま、ありがとうございました!
スポンサーサイト