ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



「ご卒業」

今日の2Fはお子さま&ママさんのランチ。

お久しぶりのママさんもいらしてて、
開店当初に良くご利用くださったママさん。

聞けば、
一番上のお子さんが、この春小学校入学とか!

あの頃赤ちゃんだったお子さんたちは、
もうそんな年頃なんですねぇ。いや~、ビックリ!

自分も歳取るはずですねぇ(笑)

忘れずご来店頂き、ありがとうございました!

1Fでは、展示者のお一人である、
パッチワーク作家の田中孝子さんが、
お友達をお連れ下さって、ランチをしてくださいました。
ありがとうございました!

また「これ良かったら飾って!」
と「南天のドライフラワー」を、
花屋さんで買って来てくださいました!
20140331田中さん差し入れ
さすが花屋さんのドライフラワー、
英字新聞調の包み紙で包まれてて、おしゃれ!

「トイレにでも飾ればいいかなと思って」
とおっしゃてくださいましたが、勿体ない!!

早速田中さんの展示スペースに飾らせて頂きましたが、
後からいらしたお客さまから、
「あら~、南天のドライフラワーだわ!、ステキねぇ~」
という声が聞こえてましたねぇ。

お気遣い頂きまして、誠にありがとうございました!

午後には、常連の方がご来店。

2月の展示の時に、
長井さんの裂き織りバッグを買いそびれ、
「今日から、31日でしたよね!」
と早速ご来店くださって、バッグを物色。

お一人で裂き織りバッグを2点もご購入され、
「31日からだってことは覚えてて、
まだ有って良かった~。友達にも言っておくわ」
と大変喜んでくだいましたねぇ。

お買い上げ、ありがとうございました!
ご満足頂けて、良かったです!

他にも新聞情報をご覧になった方々が、
展示を観にいらっしゃったり。
今回は初日から皆さまの出足が良いようですねぇ。

4時過ぎには、
2年ぶりくらいの方がご来店。
数年に1回の割合でいらして下さる方で、
多くを語らず、素性もほとんど分からないのですが、
いつも色々とお買い上げくださる方。

今日はご自分の方から、
「『8区のギャラリー紹介』の記事、
出てましたねぇ、読みましたよ」
とおっしゃってくださって、
記事でオーナーの素性を初めてお知りになったようで、
その記事の切り抜きの前でしばし立ち話。

話の内容、出てくる単語から、
どうもオーナーの前職と同じか、同じ立場っぽい・・。

しばらくして、
作品をご覧になってるところへ近寄ってて、
「もしかして・・・『公務員』さんでしたか?」
とお聞きすると、そうだとか。

学校関係ではなかったですが、
女性職員が少ない、まだまだ男性の職場である、
某公務員だったそう。

今までぜんぜん気づかなかった・・・。

今日31日は、
新潟市内で公務員の退職辞令式があり、
「卒業証書」を知事から授与され、
その帰りに寄ってくださったそう。

「伊勢丹の彫金展示が今日最終日っていうのと、
ここのハンドメイド展が始まるって新聞で見て、
式典の帰りに寄ろうと思ってたんです」
と制服を着替えて来てくださったそう。

嬉しいお言葉ですねぇ、ありがとうございます!

「やっと普通の人、『主婦』に戻ります」とか、
「棚のホコリとか、今までは目をつぶってましたけど、
これからはちゃんと目に付いたら拭けます(笑)」
とおっしゃってましたが、
今90歳を超えてご健在のお母様の助けを借りて、
子育てもしながら勤め上げた42年だったそう。

まさに働く女性のパイオニア世代。

フルタイムで子育てしながら働くって、
しかも定年まで勤め上げるって、ほんとすごい・・・。

長い間のお勤め、大変お疲れさまでございました!

「年金もまだ出ないんですけど、
母がこれからどうなるかも分からないし。
行ける時に行こうと。チャンスだと思って」
と近々国内の各地の観光地を巡る、
クルーズの旅にご夫妻で行かれるそう。

ご自分へのご褒美ですねぇ、42年間勤め上げた。
ぜひゆっくり、楽しんでらしてください!

で、お話も終わるころ、
次々と展示品を選ばれて大量にご購入!

退職祝いをくださった方へのお返し用とか、
今まで支えてくれたお母様へ裂き織りバッグとか、
新生活用なのか食器類などもお求めくださいました。

また、
「これ、こないだ弥彦の方でやってた、
ハンドメイド展で買ったんですけど」
とウエットティッシュケースを見せてくださいました。

「えー、ポケットティ用はよくありますけど、
ウエットティッシュ用って始めてみました!」
「ちなみに、おいくらでした?」
などと興味津々でジロジロ見させて頂いてたら、
「そしたら、これあげます!」
と突然くださることに。

「いやいや!そんな・・・」
「話を色々聞いてもらったし」
「お孫さんとかに使われる時に要るんじゃ・・・」
「もう1個買ってあるから、大丈夫です」

「どなたかここの作家さんに参考になれば」
ともおっしゃってくださったので、
遠慮なく、有難く頂戴することに。

で、そのケースがこちら。
20140331ウエットティッシュケース表

フタを開けるとこんな感じ。
DSCN8351.jpg

20140331ウエットティッシュケース裏
ビニール生地で出来てるので、
ウエットティッシュの乾燥を防げますねぇ。
なによりカワイイ!

そんなつもりは毛頭なかったのですが、
なんだか「横取り」したみたいになってしまって・・・
恐縮です、ありがとうございました!

お帰りの時には、
「今日はお客さんが居ない時で良かった。
色々と話を聴いてもらえたし!」
「今度は仕事ないので、また来ます!」
とおっしゃってくださいましたが、
ありがたいお言葉です、まったく。

当店を忘れずにいてくださり、
また記事まで読んでてくださってて、
人生の記念すべき日にわざわざ寄って頂き、
しかも沢山お買い上げまで・・・
誠にありがとうございました!
スポンサーサイト