ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



7個!発注

今日は気温が20℃くらいまで上がり、まるで夏。
午後には、外でカチン、カチンと何かが当たる音がして、
どうも藤のタネのサヤが次々破裂したようで、
タネとサヤが壁などに当たってたようでした。

そんな気温が一気に上がった今日は、
「込む前に、と思って。
暑くなったから『トマト』ですね!」
と「e旅」の「監督」が久々にご来店で、
「トマトの冷製パスタ」をご所望。

ちょうどトマトの在庫があったので、
ご用意することが出来て良かった・・・。

それから、色々なお話をされて行かれましたが、
「今日は珍しいですねぇ」
と「監督」も驚いてましたが、
今日のランチタイムは「監督」の貸切り状態。

「こんなに天気がいいとねぇ。
私も外に出かけたいくらいです(笑)」
と言ってしまいましたが、ほんと外出日和。

その分、今日は他のお客さまを気にする必要も無く、
思う存分、色々とお話が出来たようで、
我々も色々とお話伺えてよかったです!

午後も「このまま暇かな~」
と思っていたら、大間違い!

突然、最近ご来店くださるようになった方が、
展示をお目当てに出先から寄ってくださって、
しかもお友達3人をお連れ下さって、
ゆっくりをお茶をしくださったり、
お友達の皆さまは、鍋谷さんの食器を其々お求め。

そんなところに、常連さまがいらして、
採れたての「越後姫」差し入れてくださいました。
DSCN8346.jpg
早速なので、お茶タイムの皆さまにもお福分け。

すると、苺をくださった方が、
裂き織りバッグの最後の1点をお求めになり、
それを見てらした先の4人さまが、
「予約のあの赤いの、注文できない?」
ということになり、
「うーん、作家さんに聞いてみます」
と連絡。

すると、これから製作にかかるので、
すぐにはできないけれど、作ってくださるとのこと。

その旨お伝えすると、
「私も!」、「私も!」
とその場にいらした全員さまがご注文!

電話を切ると同時に、
展示の初日にめがけていらして、
お一人で裂き織りバッグを2点ゲットされた方が、
裂き織りバッグを見せようと、
初めてのお友達2人をお連れ下さったのですが、
残っていたのは、予約済みの赤い裂き織りバッグのみ・・・

「スミマセン・・・在庫が無くて。
今もあちらの4人さまが注文されたばかりで、
追加は在ってもその後しか・・・」
「え、注文できるの?!私も注文したい!」
「でも、同じものが出来てくるかも分からないし、
赤が出来るかどうか・・」
「赤でなくてもいいです!」

で、すぐにまた作家の長井さんにお電話し直し、
「すみません、何度も。
あの、2月の展示でバッグを買われた方が、
お友達をお連れ下さって、その方たちが欲しいと・・・。
2つ、再追加できますか?」
と電話してるところへ、
「他の友達の分も追加していい?」
とリクエストがあり、全部で追加が3つ、
今日だけでトータル7点!の注文。

とにかくお値段が、
理解に苦しむくらいの、
世間ではあり得ないくらいの、
申し訳ないくらいで恐縮する激安!
なこともありますが、それにしてもすごい人気です・・・。

作者の長井さんにおかれましては、
大変無理な注文を快く受けてくださって、
誠に感謝でございます!、ありがとうございました!

皆さんお急ぎではありませんので、
出来次第で素敵な作品をよろしくお願いいたします。
我々も拝見するの、楽しみにしております!

今日は思ってもなかった急展開の一日で、
こんな日もあるんですねぇ。
しかも採れたての旬の苺も皆さんと一緒に味わえて。

これもご来店くださる皆さまあってこそ!
ご来店の皆さま、ありがとうございました!
スポンサーサイト