ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



今週の和食3

今日は、最近「和定食」が専門の常連さまが、
今日も和食をご注文くださいました。

「毎日家に届けて欲しいくらいだわ~」
とおっしゃってくださってて、
家がお近くなら出来るんですけどねぇ。

今週の和食の一例はこんな感じ。
201404和食3
カレイの煮つけ
カボチャの炒め煮
切り昆布とエノキの煮物
切り干し大根の煮物
フキノトウ味噌、ご飯、味噌汁

和定食をし始めてからというもの、
自分でも味見したり、余りを食べるようになり、
歳のせいもありますが(笑)、
油の少ない食事が体に合って来たのを実感します。

ほんと改めて再認識しましたが、
和食って油を大量に摂取する料理が少ないので、
ヘルシーなのが分かります。

最近、当ブログの検索ワードで、
「機械性蕁麻疹」「蕁麻疹」の類が急に増えてきました。

毎年のこの時季の特徴ではありますが、
今年は特に半月ほど動きが早いような気がします。

年度替わりで、新しい生活が始まったりして、
ストレスがかかっているところに、
生活が不規則になったり、
バランスの悪い食事をせざるを得ない人々が、
増えて来てるんでしょうねぇ。

昔、機械性蕁麻疹で2年間悩まされ、
なんとか回復した私の経験から言えることは、
(機械性)蕁麻疹は、「肝臓の悲鳴」だと考えて、
①ストレスをなるべく溜め込まず、
②甘いものと油ものを極力避けつつ、
③成長ホルモンが大量に分泌されると言われる、
22~3時には睡眠を取るようにして、
ストレスや負担のある食事でダメージを受けた、
肝臓の機能を日々のうちに回復させることです。

この時季は、春の華やかな空気感を感じる一方で、
「機械性蕁麻疹で悩み苦しんでいる人たちが、
少しでも改善したり、快方に向かえばいいが・・・」
と、人知れず願う季節でもあります。
スポンサーサイト