ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



初夏のてしごと: 「梅シロップ」&「梅干し」

自家製梅干しの「土用干し」!

20150808自家製梅干し土用干し3日目


※8月8日自家製梅干し土用干し(3日目)
20150808自家製梅干し土用干し3日目②
午後になって、上下ひっくり返した様子。

2日目夜露に当てたものの、
天候が暑すぎて、乾き過ぎた感があるので、
昨日は、1日梅酢に戻し入れて冷蔵し、水分補給。

今日最後の土用干しをすることに。

それにしても、毎回、
午後には梅の上下をひっくり返し、
一日が終ると、一個ずつ梅酢に浸したりと、
手間ひまがかかります・・・。

とはいえ、初の今回は梅600gだけでしたが、
常連さまの中には、毎年10キロ!の梅を漬ける方も。
しかも、高級な「藻塩」を使うそう。

毎年出来上がった梅干しは、
知り合いの方々に配るのだそうですが、
75歳近いお歳を考えると、大変な作業とお察します・・・・。

※8月5日:自家製梅干し土用干し(1日目)
20150805土用干し①
昨日、ザルを洗浄、熱湯で消毒し、
一日、直射日光で干して準備。

虫やごみが付くといやなので、網をかけて。
20150805土用干し網


※7月11日(越の梅:黒砂糖シロップ漬け『完成』)
20150711梅黒糖シロップ完成
(越の梅400g+黒砂糖400g→シロップ700ml)

※7月7日「越の梅」の梅シロップ漬け(完成)
20150707越の梅2キロ分のシロップ
(越の梅1.6キロ+氷砂糖1.6キロ
→約1.8mlのシロップ)

6月26日(「梅干し作り」:「昆布」を入れて瓶詰め)
20150626梅干し漬け(瓶詰め冷蔵保存)
一昨日、紫蘇と共漬けした「南高梅」。

気温が高めなのが心配で、
小さい瓶に移し替えて、「冷蔵庫漬け」することに。

途中、果肉がつぶれた梅を味見したら、
フルーティーだけど、塩辛いだけで「旨味」が足りない・・・

で、ふと思いついた!
「『昆布』を最初から一緒に漬け込めばいいかも!」

早速ネットで検索したら、
同じようなことしてる人、いましたねぇ。

梅を干すときには、昆布も一緒に干して、
「梅昆布」が出来るらしい。

で、早速、ダシ昆布をカットして、
お酢で表面を濡らして殺菌し、
梅、紫蘇、昆布を交互に重ねて瓶詰。
20150626梅干し漬け(昆布入り)

入りきらなかった分は、
ジッパービニル袋に入れて、空気を抜いて保存。
20150626梅干し漬け(ジッパービニル袋漬け)
ネットでも、「ジッパー袋漬け」派、いましたねぇ。

量が少なければ、これで十分漬かるし、
空気には触れないし、「冷蔵庫漬け」できて安心。

人生初の「梅干しづくり」は、
開始早々から「邪道」を進行中。

4回目(6月25日):「越の梅(400g)」&「南高2L(1キロ)」
20150625梅黒糖漬け&梅干し
(「越の梅」・・・1キロ130円、黒糖・・・300g370円)
(「南高梅2L」・・1キロ680円、赤紫蘇2束140g・・420円)

年に2個も食べない「梅干し」・・・・・。
が、今年はちょうどいい梅が手に入ったので、
試しに人生一度は漬けてみることに。

初めて漬ける「梅干し」は、
安全の塩分20%の、梅と紫蘇を同時に漬けこむ「共漬け」。
DSCN9947 (4)
「梅干し」って、要するに単なる「梅の塩漬け」で、
保存のために3日間干すのがひと手間。

「かめ」は、空いたシロップ用のガラス瓶、
「重し」は、衛生的なビニル袋に「水」を入れて代用。

3時間水にさらし、梅の水気を拭いて、ヘタを取り、
瓶を殺菌消毒して、塩と交互に入れて、重しをする。

一晩で梅酢が上まで上がり、
塩漬けでも、香りが甘くフルーティー。
さすが「南高梅2L」。

1個でも食べきれそうにない大きさで、
多分、ほとんど食べないだろうけど、仕上がりは楽しみ。

シロップ完成①(6月25日):1回目と2回目の梅引き揚げ
20156025南高梅シロップ梅引上げ
(「南高梅(L)4キロ」→「6リットル」の梅シロップ)


3回目(6月23日):「越の梅」1.6キロ
20150623越の梅シロップ漬け
(写真左:1回目の梅、真ん中:2回目の梅)
(梅・・・1キロ130円、氷砂糖・・・1キロ320円)

※2回目:「南高梅」2キロ(6月13日)
20150613南高梅2キロ漬ける
(梅・・・1キロ498円、氷砂糖・・・1キロ320円)

※1回目(6月7日)「南高梅」2キロ
20150607南高梅シロップ漬
(梅・・・1キロ880円、氷砂糖・・・1キロ380円)

「南高梅」は、さすがにお値段のことはある!
香りが豊潤で上品!、まるで桃か杏のようです。
20150613南高梅2キロ
スポンサーサイト