ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



秋の味:栗&新米、栗の渋皮煮

20151002新米コシヒカリ&栗

「こしひかり」の新米も出回り、
ついつい白飯を食べすぎてしまう今日この頃。

先日、オーナーの友人から「新米&栗」を頂きました。

毎年この時期になると、
「新米」を持って来てくださるのですが、
ご実家が、中越だかの米所とか。

いつもは自宅の方に届くのですが、
今年は、わざわざ店へいらして、私をご指名。

「姪っ子チャン達、帰国してるんだって?
あなたが『栗ごはん』にして食べさせてあげて。
お母さん、作らないでしょ(笑)」

とのこと。

「生栗」までセットしてくださって、
母より「家族思い」の気遣い、心遣い・・・・
勉強になります、ありがとうございました。

ところで、「栗」と言えば、先月、
常連さまよりご自宅で採れた栗を頂きました。
20150924栗の差し入れ

あまりにも立派な栗なので、
「渋皮煮」を作ることに。
20150924栗の差し入れ②

①15分ほど茹でて冷まして鬼皮を剥き、
20150928栗の渋皮煮作り

②重曹を入れたお湯で煮こぼすすこと4回、
③丸一日に水にさらして渋を抜き、
④実が出ないように、スジと渋皮を取り除き、
⑤シロップ液で20分煮て、
20150928栗の渋皮煮
⑥粗熱が取れたらブランデー(私はラム酒)を入れて、
⑦瓶詰め

20数個の大栗で小瓶に4本分できました。
数か月冷蔵保存できるそうで、
お正月の「栗きんとん」にも使えるそう。

栗をくださった方や、
頂き物をした方などにお裾分け。

大変な作業と手間ですが、
今しかできない秋の手しごとです。
スポンサーサイト