ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



ここ8日間のソーイングの成果

201511手づくりバッグ2

先週の20日、
久々に常連のお客さまがご来店。

話のネタに、
「1か月前くらいから、バッグ作ってるんですよ~」
と、これまで作ったものをお見せしたら、
「わ-、すごいじゃない!
これ、買うわよ!
娘が明日東京に戻るから、ちょうどいいわ!」
と一つを手に。
DSCN0376.jpg

「いやいや、売るつもりで作ってないし、
そもそも、これ、ホックついていないし、
肩紐もこれからつける予定だし、未完成です」
「こっちのヒモの方がいいわよ。これじゃなかったら買わないわ
ホックは、部品あれば、私が明日中に付けるわよ」
「はあ・・・・」

”どうしても今日これを買って帰るわよ!”
という熱意に押され、
あろうことか未完成品を販売することに。

「値段は、いくらでもいいわよ!」
と最初はおっしゃってたのですが、
「1000円?、1200円?」
とおっしゃって(苦笑)、
『型紙も自分で起こしてるし、
1個作るのに6時間はかかってるしなあ・・・・』
などなど考えあぐねたものの、
ホックは付いていないし、未完成。

ホックを付けるその手間代を差し引いて、
「第1号記念」価格で販売させて頂きました。

手元に在ったものが急に無くなって、
寂しいというか、無性に補完したい衝動に駆られ、
その日の夜から4日で4個作成。

とはいえ、
入れ口のホックを付けないうちに、
翌日にはすっかり同じデザインに飽きて、
「和柄のミニバック」の試作に手を出し、
その日のうちに2個制作。

とはいえ、またまたホックを付けないうちに、
翌日にはまたまた和柄バックに飽きて、
今度は「中サイズショルダーバック」に手を出し、
3日で2種類のデザインを試作。

そしてこれらもまた、口のホックなど付けず、
今日現在、未完成のまま放置中(苦笑)。
というか、最初の1か月で作ったバックにも、
提げ手や肩紐をほとんど付けてない・・・

どういうわけか、
本体を作り終えると満足してしまい、
提げ手やホック付けに気持ちが向かず終い・・・。

とはいえ、未完成ではあっても、
20日から昨日までの8日間で、
本体8個は作れるようになりました。

その代り、かなりの睡眠不足。

アドレナリンが出まくってるせいか、
作っている時は没頭して疲れ知らずなのに、
体には良くないというか、
健康を害してる感は、かなり否めない(笑)。

かなり生産的な秋の夜長の今日この頃です。
スポンサーサイト