ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



「食材」届く

20160218差し入れ食材③

昨日の閉店後、
キムチ作りの後片付けなどをしていると、
常連さまからオーナーの携帯に電話。

「これから出掛けるので、
ついでに『食材』を持って数分後に寄ります」

とのこと。

今日は「送迎」のお車で、
大きな紙袋を手にいらっしゃいました。

玄関先でお荷物を受け取り、
中身を拝見。

「大豆」と「ユリ根」に始まり、
確か特別な高級「かぼちゃ」に、
20160218差し入れ食材②

「メローゴールド」まで!
20160218差し入れ食材①
中身を見せながら、
「前もらった『黒豆煮』美味しかったから、
貴方美味しく豆を煮れるから。
これ、ユリ根も入れておいたから。
スープにでも浮かべて。
かぼちゃ、中が腐ってると悪いから、
ここ、半分切ったんだけど、中は大丈夫だった。
もう半分は、こっちで取ってあるから。
これ、メローゴールド、B級品を沢山買って。
でも味は悪くないわよ」

と一気にご説明。

「えー!こんなに!?」、「あら~!」、
「まあ~!」、「私もB級の人間ですから~」

とオーナー共々応えるのがやっと。

これから行先があるということなので、
出先で食べてもいいように、
在庫のチョコの大袋を数袋、
手提げ袋に詰めてお返し。

最後に突然、私の両肩を抱いて直視、
「前みたいに『これらを料理して返さなきゃ』
なんて思わなくていいから!」
「(ん?!)・・・と言われてましても・・・」
「それに、明日も明後日も来れないしっ」
「(ん?!)・・・あー、そうなんですか~。
まあ、それはそれで・・・・
うーん・・・・、分かりました」

言葉通りに取るべきか、
年配者の美徳「遠慮深さ」のポーズの中に、
見え隠れしているように(勝手に)感じる
真の思いを、くみ取って応えるべきか・・・・

人間の心は、難しい・・・・

とはいえ、週末まで忙しいし、
確定申告の作業がまだ終わってないので、
これだけの食材を、処理・調理し、
もしかしたらの「週明け」に合わせて、
準備万端にしておくのは・・・・

というか・・・・
世の中は、自分中心には回っていない。
他人さまや世間というのは、
こちらの都合に関係無く考え動くもの。

立て込んでいる時こそ、
こんな「不測の事態」が起きるのだから、
コントロールできる申告作業の方を、
さっさと済ましておけば良かったのだ・・・・

反省&来年への教訓。
スポンサーサイト