ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



新潟日報さん取材、「越後姫」&杜々が「2位」?!

20150311差し入れ苺


今日は開店直前、
新潟日報さんの記者さんから
「これから取材に行きたいのですが」
というお電話。

初めての女性記者さんでしたが、
聞けば、福島の展示者の方々ほとんどを、
取材したり、ご存じとのことで、
「手しごと展」の内容もほぼ確認済みの感じ。

ちょうどいらしたお客さまを素早く捕まえ、
あっという間に写真撮影を終えたかと思うと、
手短に展示の内容確認をされ、
全くもって無駄のない仕事ぶりで、
有能な記者さんであることが伺い知れました。

うーん、新潟日報の女性記者さんは、
有能、優秀な方が多いですねぇ。

記者さんは、今日11日の午後、
東区プラザで行われる、
常連さま主催の「防災イベント」にも出向くそうで、
その前にランチをしてくださって、
重ね重ね、ありがとうございました。

本日は、特に忙しい中、取材してくださり、
誠に恐縮、ありがとうございました。

今日は常連さまから、
「越後姫」の差し入れを頂きました。
いつも色々とごちそうさまです。

ところで、今日も2Fは、
飛び込みの2組のママ&お子さまのご利用。

ご注文を伺って戻ってきたオーナーに、
「初めての方?」
と聞くと、
「そうだって」
「なんでうちにいらしたって?」
「『子どもと行ける店 ランチ』で検索したら、
なんか杜々が2位だったから、
ずっと行きたいと思ってた、とか・・・・」
「え!?、『2位』って、何それ?!」
「うーん・・・」

この会話を聞いていた常連さまも、
「2位」という単語に反応して、
「えっー?!」
と叫んでました。

ここ2年くらい「ネット断ち」というか、
ブログアップとメールチェック以外では、
ほぼネット世界に足を踏み入れてなかったので、
まったく知らなかった・・・・

去年の秋以降、
「ネットを見て」
というママさんたちのご来店が増え、
聞くと、ご来店くださったことのある方が、
「本当は教えたくないのだけど」
とネット上に当店をご紹介くださってるとのこと。

一度、そのページを探してみたものの、
見つけることができず、そのまま。

確か、年末にいらしたママさんたちが、
「ここは、ママたちの中で憧れなんですよ」
「ずっと来たかったんです」
などとおっしゃってくださってたそうで、
『そんな大げさな・・・・
褒め上手なママさんたちだなあ』
と思っていたほど。

やってることといえば、
9年前からほぼ変わってないし、
(メニュー表もずっと同じままだ・・・(苦笑))
開店以来ずっと、毎日、
「これでいいのか、これで正しかったのか」
と自問し、考え続けているのに、
未だにこれと言った正解が出てない感じで、
うーん、「2位」だなんて、妙な感じです。

「2位」だというそのページも、
ちょっとは見てみたいような気もするけれど、
うーん、やめておこう。

「現状(それ以上)」を維持し続けるには、
まず日々ご来店くださるお客さまが「全て」であって、
他者評価は参考までに、
2位は2位でも「2店舗中の2位」
と思って過ごした方が、我々には良さそうです。

そもそも、この目で存在を確認しない以上は、
「2位」は在るようで無いも同じですから。
スポンサーサイト