ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



「新潟日報」さんに掲載!

20160402新潟日報掲載記事

昨日の午後、
「今、亀田縞展されてますよね」
と日報の女性記者さんからお電話があり、
ご来店くださった方は、
「初めまして」の記者さん。

お名刺をくださって、
「前任記者に代わりまして、
新しく東区の担当になりました」
とのこと。

早速、手短に展示をご覧になって、
写真もささっと取り終え、
「亀田縞のお勧めはどんなところですか」
と聞いてくださったので、
「あーだ」、「こーだー」
と二人で思いつくまま答えると、
端的で適切な1文にまとめてくださって、
「おおー!、さすがプロ!!」
と感嘆すると、
「いやいや、ギャラリー取材が多かったので」
とご謙遜。

聞けば、前任で担当した区には、
4つのギャラリーがあって、
担当区のトピック記事を上げるために、
4つのギャラリーをよく取材されたとか。

昨日あれから立川織物さんの方にも、
記者さんから電話があったそうで、
「亀田縞」についての正しい内容を、
当事者にきちっと取材されたよう。

うーん、素早く、無駄の無い、
きちっとした仕事っぷりはさすが。

またしても日報の女性記者さんは、
有能な記者さんのようですねぇ。

昨日は4月1日、新年度の初日でしたが、
当店の「亀田縞展」の取材が、
「(東区担当になって)初仕事なんです!」
とか。

東区は人口も多いため、
東区の町の話題、トピック記事より、
市政関連の記事の方が優先されがちとか。

そんな状況なのに、
初仕事で当店展示を取材してくださり、
誠に光栄なこと。

また、「何か緊急的なことがあれば、
記事を差し替えると言ってましたが、
近日中には載りますので」
とおっしゃってたのに、
昨日の今日でのすばやい掲載。

重ね重ねありがとうございました!

ところで、色々お話し伺うと、
台湾に現地のお友達がいらして、
何度も行かれたことがあるとか、
数年前にはベトナムにも行かれたそうで、
海外の旅話で一盛り上がり、
また海外に出たくなった、楽しいひと時でした。

これからお世話になるかと思いますが、
何卒、よろしくお願いいたします!

で、今日。

新聞に載ったことも知らずにいたら、
開店前から電話問い合わせがあったり、
「新聞見て来ました」
と開店と同時にお客さまが次々いらして、
電話でのお問い合わせも次々。
20160402亀田縞展4

ランチでいらしたお客さまたちと、
亀田縞目的のお客さまたちの
清算やら特注の採寸等の対応とで、
人手が回らず、アウト寸前の忙しさ。

食後のお茶など遅れてた方には、
大変失礼いたしました。

午後には、立川織物さんがいらして、
薄色系、白色系の初夏向けの服を、
緊急的に追加してくださいました。

ありがとうございました!

その後も閉店間際まで、
新聞を見て初めていらした方や、
常連さまもお食事がてらご来店、
「いつも色々もらってるから」
と差し入れをいただきました。
20160402差し入れ
今日の掲載記事で、
沢山の、また初めてのお客さまが、
記事を見て足を運んでくださって、
記者さんと新潟日報さんのおかげで、
沢山の方々に立川織物さんの亀田縞展を
知って頂くことができましたねぇ。
まったくもって、ありがたいことです。

明日から改めて気を引き締めないと。
スポンサーサイト