ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



初夏の味:手作りオイソペギ

20160701オイソペギ⑧


昨日加藤食材で、
2キロ200円のキュウリを購入。
数えたら21本も入ってすごいお得感ですが、
農家さんは、やってらんないでしょうね・・・
20160701胡瓜2キロ21本
早速閉店後、処することに。

大変ですが、思い切って全部、
「オイソペギ」作ることに。
何年ぶりだろ・・・

胡瓜の両端は、灰汁があり、
苦いので、切り落とします。

粗塩で表面をこすり、1時間ほど塩漬けします。
20160701オイソペギ①

漬けてる間に、
中に入れる具(今日は大根抜き)の
ニンジン、ネギ、ショウガを千切りにし、
20160701オイソペギ②

漬け汁の出汁を取ります。
20160701オイソペギ③

アミの塩辛、昆布、カツオ節から、
出汁を煮だします。

昆布とアミを水に入れて15分置き、
火にかけ沸騰したら、昆布を引き上げ、
20160701オイソペギ④

カツオ節を入れて、ひと煮立ちしたら火を止め、
20160701オイソペギ⑤

濾してだしを取り、冷めたら、
リンゴ果汁(100%ジュースで代用)を加えます。
20160701オイソペギ⑥

詰め物の具には、
粉唐辛子、ゴマ、塩、砂糖、ニンニク等を入れ、
和えておきます。
20160701オイソペギ詰め物②-2

胡瓜がしんなりしたら、
1本を2~3等分の長さに切り、
それぞれに切り込みを4か所入れます。
20160701オイソペギ⑦

唐辛子粉が付くと手が荒れるので、
ビニル手袋をしながら、
1個1個の切れ目に箸で具材を詰めます。
20160701オイソペギ詰めもの

容器にキュウリを並べて、
漬け汁で漬け込みます。
20160701オイソペギ⑨
白菜キムチのように、
発酵した味を楽しむ漬物ではないので、
2、30分後から食べられるそうですが、
しっかり漬かったほうが好きなので、
明日以降のお楽しみ。

それでも2、3日後までが賞味期限の
浅漬け風の漬物です。

漬け終わるのに2時間くらいかかり、
食べるのも一口であっという間だけれど、
この味は、手間を物語る味です。
スポンサーサイト