ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



「豚肉料理」でお返し

20160921帆立3th



今日はお昼過ぎ、展示者のお一人、
斉藤さんがお友達とご来店。

お友達の方は、
素敵な和風のベストを着てらして、
聞けば、着物のリメイクをされるそう。

服やバッグなどの作品を山ほど!お持ちで、
斉藤さんと一緒に展示したいとのことで、
見せて頂いた着物リメイクのバッグは、とても素敵!

「あの世まで持っていけないんだから」
「展示料や条件は当然よ。
私たち『お金持ち』なんだから~」
「売れるかどうかなんて別にいいのよ。張り合いよ」
とおっしゃってくださって、
来年春にお二人で展示をしてくださることに!

また、着てらしたベストを脱いで、
椅子の背もたれに掛けられてたので、
オーナーが、
「素敵ですねぇ、羽織ってみてもいいですか?」
と着させてもらうと、
「あげるわよ!、いっぱいあるから」
とプレゼントしてくださったとか!

オーナーが恐縮すると、
「貰っておきなさい、貰っておきなさい、
一晩で一枚、作っちゃうんだから」
と斉藤さんもおっしゃったとか。

オーナーから事後報告で状況を知り、
「ちょっと、なんで頂いちゃってるの!
軽々しく手を出すんじゃない!
すごい手間かかってるじゃないですか・・・」
「なーに、『腹隠し』用に作っただけよ」

いやいや、よく見ると、
すごい手間のかかった、こだわりがある、
すごいセンスのいいリメイクベスト!

「ほんとにもう・・・・すみません・・・
あ!、そうしたら、展示の日まで、
店でオーナーに着てもらって、
展示の宣伝します!」
「あ、そうね!、そうして、そうして」

その後もお二人、陶器を買ってくださったり、
面白いデザインの中国藍染のベストを試着され、
サイズがちょっと合わないようでしたが、
「高くないじゃない。これ買ってて、
同じのをあなたに作ってもらうわ」
と価値を分かってご予約くださったり。

本当に余裕のある方って、
真価を分かってらっしゃるし、
利己的でないし、嫌味もないし、
心意気があって、気持ちいいくらい・・・。

私も成れるものなら、
お二人のようになりたい・・・。

また、午後からは、
月一のパステル画教室です。

先月の教室で欠席されて、
「体調崩して、救急車で運ばれたらしい」
と聞いていた方が、復活。

ご来店するとすぐ、キッチン口までいらして、
「これ、いつものー!」
と元気な呼び声。

「体、大丈夫なんですか!?
心配してたんですよー!」
「ほらこれ、妹がまた送ってきたんさ、食べてー」
と、見ると、またまた帆立1キロ!
20160921ホタテ3th

「ええ!、また高級なものを!
いいんですか?ほんとにお気遣いなく・・・」
「なーにさ、気なんて使ってないよー。
料理しない人にあげたってしょうがないろー」
「うちまでお相伴に預かってしまって・・・・
いい妹さんですねぇ」
「そう、いい妹なんさ(笑)」

お返しに、
「ホタテで、コロッケでも作りましょうか?」
と言ったところ、
「・・・・・うちは『バター焼き』で食べるのが好きだから。
まだホタテ、うちにあるんだわ」
「あ・・・、そうなんですね。
そしたら・・・『叉焼』ならあるので、
お帰りになるまでに焼きますね」
「いいの~?悪いね~」
「いえいえ、物々交換ということで」

ちょうど去年の今頃から始まった、
月一の高級食材とお惣菜の物々交換。

毎回、明らかに当方が「貰い過ぎ」で、
ほんと、恐縮しております・・・。

前回頂いた帆立も、
賞味期限が来年で未開封のままなのに、
今日頂いたのは、H30年!の賞味期限。

冷凍庫はすでに満杯で、
とりあえず、何かを出さねば入らない。

確か、ご主人さまが、「豚肉」好きのはずなので、
下味して冷凍しておいた「豚もも肉」を出して、
「酢豚」も作ることに。

パステル教室が終わるまでに、
「自家製広東風叉焼」をオーブンで焼きつつ、
「酢豚」も同時進行で調理。

「酢豚」は、ケチャップを入れない、
「中国黒酢」をメインに味付け。
20160921お惣菜でお返し
教室終了後、
「いつもの叉焼と、酢豚も作っておきました」
「えー、どういいん!」
「酢豚、黒酢使ったんですけど、
私はすっぱいの好きなんですけど」
「私すっぱいの、好きだよ」
「あ、そうなんですね。そしたら、
これ、酢、控えめにしておいたんですけど、
酸味も多分飛んじゃってるかもしれないので、
味見して、もっとすっぱくしたかったら、
ご自宅で味付け直してください。」
「ごめんねー、面倒させて~。
今晩は、サラダだけ用意すればいいわ!」

今まで焼売、肉まん、叉焼のローテーションで、
今回初めての「黒酢酢豚」。
皆さんのお口に合えばいいのですが。

他に、パステル教室の生徒さんお一人から、
教室終了後のお茶タイムに、
皆さんに「ドーナッツ」の差し入れがあり、
当店も頂戴しました。
20160921差し入れドーナッツ
ご自宅近くにあるお店のドーナッツとか。
最近はやりの「揚げない」ドーナッツみたいですね。

当店まで頂戴し、ごちそうさまでした。
お返しに、「酢豚」を少しおすそ分け。

確か、香港に行かれてるので、
本場の味を知ってるご家族皆さんなので、
お口に合えばいいですが・・・。

今日も色々と皆さまから頂きもの。

当店をご利用いただけるだけでも、
このご時世、有り難きことなのに・・・・

心豊かなお客さまに恵まれて、
我々は幸せ者です、ほんと・・・。
心より感謝。

ところで、今日は駐車場がうまく回らず、
午後に至っては、パステル画教室もあり、
駐車場がほぼ満車状態。

せっかくご来店頂いたのに、
駐車できずに、お帰りになった方々も・・・
誠に失礼いたしました。

新聞を見ていらっしゃる方々が、
今週になっても続いております。

誠にお手数をおかけしますが、
事前にお電話で駐車場の予約を頂ければ、
確実にご入店頂けるかと存じます。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト