ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



着物、羽織、帯、反物・・・合わせて約100枚!

20161117着物羽織約100枚&帯

今日は閉店するやいなや、
学生時代にバイトしていた町へ。

昨日の夜とある男性の方から、
1年ぶりくらいに携帯に電話。

「お久しぶりです~!」
「え、あ・・・」
「お久しぶりですねぇ、○○さん!」
「俺の電話番号、登録しててくれたんだ!」
「してますよ~、もちろん!」
「あの、着物、なんか作れるの?、作るの?」
「あー、去年お宅に在った着物のことですね。
うーん、作家さんが言うには、
見た目きれいでも、自然劣化が進んでると、、
洋服に仕立てても、破れちゃうって・・・」
「あー、じゃあ、だめか・・・、使えないか」
「あ、いやいや、ハギレにして、バッグとか、
小物とか作る作家さんいますので」
「使えるんなら・・・・いいやつとか、
姉貴が要るのは取ってあるんだけど、
残りは、処分(捨てる)するよりいいかなと・・・・
要る?」
「要ります!要ります!」

即決で、しかも昨日の今日で、受け取りに。

着物の状態を見て、選んで頂いてくるつもりが、
運ばれてくるまま次々車に運び入れ、
バックミラーで後ろが見えるギリギリまで、
後部座席に山積みに積んで、頂いて来ました。

ざっと数えても、着物が70着前後、
羽織も10着弱、他に反物、帯、帯締め・・・
と大量!

自然劣化で状態が良くないのもありましたが、
ほとんどがきちんと保存されており、
大事に使われていたのが分かりました。

お母さまの大事なお品、
大事に大事に使わせて頂きます。
スポンサーサイト