ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



長い一日:おせち完成&大晦日コンサート

20161231おせち12人前

今日は、午前11時から、
おせち作りの続き。

自家製の叉焼を焼きながら、
20161231手作り叉焼

鶏の竜田揚げの準備。
鶏肉をカットして、調味液に漬け、30分ほど置く。

午後の3時に出来上がりを決め、
受け取りに来て頂ける方々に連絡。

鶏の竜田揚げを揚げ、
20161231鶏の竜田揚げ

店まで取りに来てくださる方には、
申し訳ないので自家製アップルパイを別に焼き、
20161231手作りアップルパイ
全ての品が揃ったのが、2時過ぎ。

焼きたて、揚げたてが冷めるのを待ちつつ、
それぞれの料理をカットして、盛り付けへ。

ビニル手袋をしながら、次々詰めていくと、
さながら仕出し屋さんになった気分。
20161231おせち料理

鶏の竜田揚げと自家製豚叉焼
20161231竜田揚げと自家製叉焼

栗きんとんと紅白かまぼこ(既製品)
20161231栗きんとんと紅白かまぼこ

黒豆と田作り
20161231黒豆&田作り

炒り鶏煮
20161231炒り鶏煮

二色玉子と伊達巻
20161231二色玉子とだて巻き

午後3時過ぎ、詰め終わり。
20161231おせち料理完成

約12人前となると、さすが壮観!
そして、すごい達成感!

詰める作業が、一番楽しかったなあ。

午後3時半前に次々受け取りにご来店。

皆さん、フルセットだと思ってなかったようで、
「わー、すごい!、『おせち』じゃん!」
「大変だったでしょ!」

無事にお渡ししたところで、
わざわざ昨日の夜買いに行った、
数の子を入れ忘れたのを思い出し、
車でお帰りになるところを呼び止めて、追加。
20161231おせち(数の子入り)

既製品は、かまぼこと数の子のみで、
ほぼ手作りすることができました。

ちなみに、受け取りに来てくださった方々からは、
色々手土産を頂きました。

ちょうどいま作って来たという自家製春巻きや、
20161231おせちお礼(手づくり春巻き)

縁起物の「きび団子」を買ってきてくださったり。
20161231おせちお返し➀

20161231おせちお返し➀(きび団子)
ごちそうさまです!

店頭引き渡しが終わると、
80歳を超えたお一人様の方で、
お世話になったり、よくご利用くださった方へ配達。

お届けすると、色々とお返しが。

「あら~!、何もあげるものがないわ・・・・
次お店行ったときに。それまで貸して。
あ、これ今日買ったんだけど、持っていく?」
と八頭芋を頂いたり。
20161231おせちお返し③

また別の80歳代のお一人さまからは、
頂いたお歳暮で重なったという味海苔缶と、
高級化粧品のおまけの石鹸(笑)など。
20161231おせちお返し②
皆さん、フルセットおせちにたいそう驚き、
とても喜んでくださって、良かった。

帰ってくると、5時半。

後片付けをして、少し休憩したら、
年越しそば用の海老天と、
先ほど頂いた春巻きを揚げて、
20161231海老天&春巻き
午後6時半に年越しそばを食べて、仮眠。

というのも、
午後10時から「りゅうとぴあ」でコンサート。
20161231大晦日コンサートチケット「
新潟では4年に一度開催される、
「ジルヴェスター(大晦日)コンサート」で、
コンサート中に新年のカウントダウンを迎えます。

2週間くらい前に、
最前列のS席のチケット買った常連さまから、
このコンサートの話を聞いて、
「4年に1回か・・・次はいけないかもしれないから」
と、2日後にチケットを問い合わせ。

席は、ギリギリだったので、
A席の残りは、3階しか残ってなかったのですが、
真正面で「いい席ですよ」とのこと。

お土産付きとはいえ、
9000円のチケットはちょっと贅沢・・・。
どんな内容か楽しみです。
なかなかの年越しになりそうです。

午後8時に起きて、
紅白を見ることもなく8時半に外出。

9時前には会場に到着。
2016123121時にりゅーとぷあ

開場が近くなると、入り口前には
身動き取れないくらいの人々が集まって、
びっくり!

開場直前の
新潟オリジナルの「ファンファーレ」を
皆さん聞きに来たようですね。
20161231オリジナルファンファーレ

開場と同時に席に着き、
前座のパイプオルガンの演奏も鑑賞。
20161231ジルべすたーコンサート開演前
今年は、第5回目ということで、
「第五」をフューチャー。

色々な作曲家の「第五番」と付く曲などが、
次々演奏されました。

新年のカウントダウンが近づくと、
今回のコンサートのクライマックス、
指揮者の腕の見せ所、演奏曲が、
0時ジャストに終わるという見どころが。

演奏中、設置されたモニター画面には、
「新年まで30分前」・・・・「1分前」と表示され、
15秒前にアナログの時計の画像に変わったとたん、
モニターが真っ黒・・・

「!?」と思った直後、
0時にはまだ10秒くらいあるはずなのに、
指揮者は渾身の力でフィニッシュ、演奏が終了。
同時に銀色の紙テープやらが賑々しくホールに放たれて、
どうも新年を迎えたよう。

もしかしたら、失敗した?
と思ってたら、
MCの人が、後で弁解したところによると、
舞台演出の方で時間表示のミスがあったとか。

指揮者の方は、電波時計を手元に置いて、
カウントダウンに合わせて正確に指揮して、
0時ジャストに確かに指揮を振り終えたそう。

うーん、微妙だな・・・
このコンサートの一番の売りの見せ場が、
「??」でちょっと残念。

新年を迎えても引き続きコンサートで、
新年を迎えるべく華やかなクラッしく。
アンコールも2曲あって盛りだくさんでした。

帰りにお土産(小瓶の八海山と金平糖)をもらって、
家に着いたのが、午前2時近く。

今日は、長い長い一日で、
初めて「おせち」を完成させて、配達もし、
初めての「大晦日コンサート」では、
クラッシックの生演奏を聞きながら、新年を迎え、
こんな年明けの過ごし方も、そうないだろうなあ。

今年はどんな一年になるやら。
皆さんにとって、いい年になりますように・・・・
スポンサーサイト