FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々(とど)

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリーがあるカフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日・連休(単一祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



11人分の氷水を差し入れ

20170807氷水11人分

月曜日から始まった、
店前の通りのガス管工事。

今日は当店前が該当。
20170807ガス工事➀

20170807ガス工事②

事前に現場監督さんは、
「お客さんが来たら、
車2台は留めれるように鉄板渡しますので」
と言ってくださってましたが、
『こりゃ、車自体入ってこれないじゃん・・
今日は開店休業だな』
と思っていたら・・・・

そういう時に限って常連さまから、
「今日お友達が来たから、
『良いとこあるよ~』って、
13時半くらいにトマト食べに行きたいんだけど~」
とお電話。

「あー、すみませーん!、
今日開店はしてるんですけど、休業状態で・・・」
「え、やってないの?!」
「いえいえ、やってることはやってるんですけど、
店前がちょうどガス管工事中で。
駐車場の前が堀みたいに掘られてて。
一応、車は入れるんですけど、
駐車ががなりしにくい状況で・・・・」
「あら~、そうなの、残念!」
「申し訳ございません!!」

それからは案の定、
ガスが止まる13時直前までご来店は無し。

それでも、「万が一・・・・」と思い、
12時45分前に、ポット1本分のお湯と、
鍋にお湯を沸かし始めたら・・・・

常連のお客さま!
しかも「トマトパスタが食べたい!」とご来店。

「えっと、あと10分でガス留まっちゃうんですけど、
・・・・何とかします!!」
お湯がちょうど沸騰し始めてたので、
すぐにトマトを投入して湯むきし、
同時に別の鍋でパスタの茹で開始。

こちらの常連さまは、毎月月初めに、
サークル帰りに皆さんでランチにいらして、
夏は「トマトの冷製パスタ」をご注文。

今日はお仲間が欠席だったそうですが、
一人でもいいから、
「どうしても『トマトパスタ』食べたくてさ!」
とご来店くださったそう。

自転車でいらしたそうで、
店前の通りの入り口まで来たら、
「どこ行くんですか」
とガードマンに聞かれ、
「杜々さんに行きたいんだけど」
と言ったら、
「今日はやってない」
と言われたものの、諦められず、
今度は反対側の入り口に行ったら、
通してくれたそう。

そこまでして来てくださったとは・・・
ありがたいことです。

ちょうどパスタが茹って火を止めた直後、
工事の人がいらして、
「これからガス、使わないでください」
とお知らせに。

ほんとギリギリセーフ!

「あー、やっぱり、ほんと美味しいわ~!」
「ほんと、トマト、食べたかったのよー」
と言ってくださいましたねぇ。

「万が一」で鍋で水を沸かしておいて、
ホントよかった・・・・

それからは、お客さまは無し。

今日の新潟市内の気温は、
午後3時で今季最高の36度!
アスファルト上では40度にはなってるはず・・・・

昔タイに行った時、気温37度の日があって、
現地の人も「キツイ・・・・」と言っていて、
エアコンが効いた車中に居ても頭痛がして、
今思えば、熱中症になりかけ。

あの猛暑の辛さを思い出しつつ、
店内から工事の様子を眺めてると、
現場監督さんとかが、
堀の中に入って配管作業する人たちの首に、
柄杓の水をかけて回っている・・・

ほんと辛そうで、
「何か冷たいものでも、
差し入れたほうがいいんじゃない?」
とオーナーに言うと、
「自分たちでそれくらい用意してるでしょ」
と一蹴。

ほんとこの人は・・・・

数日前にオーナーが、
裏の通りにあるごみステーションに、
ゴミを出しに行こうとしたら、
ガードマンの一人が、
「出してきてやるさ」
とごみを代わりに出してくれたっていうのに。

水の用意くらいしてるだろうけど、
「さすがに氷はないだろう・・・・」
と様子を見に、午後3時前に外に出てくと、
ちょうどガス管の配管作業中。

「あ、すみません。もうちょっとかかります」
と現場監督さんは申し訳なさそうで、
「営業妨害のクレームを言いに来た」
とでも思ったみたい。

「いえいえ、全然、大丈夫ですよ~。
大変ですねぇ、暑い中・・・・
あのところで、冷たいものでも、差し入れしましょうか?」
「いえ、いえ!」
「でも、この暑さはちょっと危険・・・
アイスコーヒーとかだと・・・トイレがねぇ・・・
じゃ、氷、氷水でもお持ちしましょうか」
「え?!、あ、いいんですか!、助かります!」
「何人ですか、皆さん」
「ガードマン入れて、11人です」
20170807ガス工事③

20170807ガス工事④
店内に戻って、
「氷水、貰えたら助かるって」
とオーナーに言うと、
「え!、そう言ったの!?」

で、すぐに11人分の氷水を用意。
お持ちすると、まだ作業中でしたが、
氷も解けるし、手を止めてもらって休憩。

皆さん、コップ2杯、1L弱は飲まれてましたねぇ。

皆さんにお代わりを注ぎながら、
「なんで夏の暑い時期に工事するんですか」
「なんでこんな暑いのに、皆さん長袖なんですか」
と素人質問。

色々と社会の皆さまに配慮したり、
安全を第一にしてお仕事されてるのですねぇ。

オーナーが立ち話で聞いたところによると、
ある工事エリアのお宅にお知らせに行くと、
「うちはオール電化でガス使わないのに、
なんで協力しなくちゃいけないんだ」
と言う人が中にはいるとか、いないとか・・・。

開いた口が塞がらない、とはこのことで、
「JRには全く乗らないのに、
踏切で足止めされて、
なんで協力しなくちゃいけないんだ!」
と言ってるようなもの。

まさしく、不寛容社会・・・

非難というよりは、
そういう不寛容な心持ちにならざるを得ない、
生活環境に同情します。

工事の方は、キッチリ、キレイに仕上がり、
猛暑の中、お疲れ様でした。
スポンサーサイト