ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



10年ぶりのご来店②&アジア料理を食べる会

2017082610年ぶりのご来店

誠に勝手ながら、
今日の通常営業は、ご予約のみに。

せっかくいらしてくださった、
お久しぶりのお客さまには大変失礼を致し、
申し訳ございませんでした。

1Fでは、ご近所の方が、
帰省中の娘さんとお孫さんが帰る前に、
3世代揃ってトマトの冷製パスタを食べにご来店。

2Fもご予約で、
10年ぶりのご来店のお客さまのグループ。

10年前、当店でライブを何度かしてくださった、
新大の音楽サークル「クレッシェンド」の、
初代メンバーのお二人がご結婚されて、
パパ、ママになってご来店くださいました!

10年前の学生さんの姿が最後でしたから、
お子さん連れで入店された時は、
なんとも感慨深いものがありましたねぇ。

わざわざご丁寧にも、
群馬の有名なラスク専門店の、
「ワインに合う」ラスクやら、
最近長野へ旅行されたそうで、
有名な地元スーパーのリンゴ製品まで、
沢山のお土産を頂いてしまいました。
20170827お土産

頭の中ではまだ「学生さん」のイメージなので、
沢山のお土産頂いて、ランチもして頂いて、
「お金を使わせてしまって、申し訳ない・・・」
という感じですが、あれから10年、
もう立派な社会人なんですもんねぇ。

今日は、新潟旅行のついでに、
当店でのランチを計画してくださったそうで、
新潟在住の学生時代のご友人家族が合流され、
9年ぶりの再会の方もいたとか。

お帰りの際には、
「大人になってみて、ヘタな演奏だったのに、
杜々さんで演奏させてもらったことが、
どんなに有り難いことだったかが、わかりました」
「杜々さんでの演奏経験があるから、
今も地元で演奏活動が出来てると思います」
とおっしゃってくださいました。

10年前のことをそんな風に評価くださって、
ほんと有り難いことです。

確か当時は、ギャラも払わず(苦笑)、
素敵な演奏で盛り上げて頂いて、
申し訳ないやら、有り難いやらで、
こちらこそ感謝の一言で、
忘れられない当店の思い出です。

今日は、予定通り到着すれば、
「腕の上がった」ピアノと二胡で、
ご夫妻で演奏するおつもりだったそうで、
楽譜もご持参だったとか!

今回は叶いませんでしたが、
そのお気持ちが、まず有り難いことで、
また次回機会があれば、
ぜひお聴きしたいものですねぇ。

本日は当店のことを思い出して、
ご来店ご利用頂きまして、
また、お土産も沢山頂戴してしまい、
重ね重ね、ありがとうございました!

また、新潟にいらっしゃることがあれば、
ぜひお寄りくださいませ!

また今日は、閉店後は、
「アジア料理を食べる会」です。

今日のご参加は、11名さま。

豪華客船旅常連の方から、
限定販売のワインの差し入れ。
20170826差し入れの白ワイン
豪華客船「パシフィック・ビーナス」
の船内のみで販売されている白ワインで、
マスカット果汁のような、甘く香り高い、
でも飲みやすくて、ほんと美味しいワイン。

今日は、飲んべぇのオーナーの手に渡たり、
一滴も残ることなく、味見できませんでした(笑)。

今日のラインナップは・・・・

ピータンと豆腐の和え物(中国)
20170826ピータンと豆腐の和え物
ピータンと豆腐と言えば、
豆腐とピータンを甘醤油タレをかける、
「ピータン豆腐」ですが、
これは、ピータンと豆腐の白和え風。

中国のレストランの料理だそうで、
水切りした豆腐、白髪ねぎ、パクチー、
ザーサイ、ピータンを冷やしておき、
食べる直前に塩などで調味して和えます。

「あら、これコクがあって美味しいわ!」
「美味しいわー」
「ザーサイが入ってる?塩加減がいいわ」
などなど頂きました。

台湾風の甘醤油タレもいいですが、
こっちはさっぱり、素材の味が分かって、
これもまた美味しい。

ジャガイモのカレー(スリランカ)
20170826ジャガイモのカレー炒め
ジャガイモのスリランカ風のカレーです。

なぜスリランカかというと、
カツオ節が大量に入っているからです。

スリランカも海に囲まれ、
カツオ節の原型に似たものがあり、
カレーの出汁に使っているそう。

以前、新潟在住のスリランカ人の方に、
当店でスリランカ料理教室をして頂きましたが、
その時はスリランカのカツオ節で、
やはりジャガイモカレーに使いましたねぇ。

今日は、5、6種類のスパイスに、
日本のカツオ節、ココナッツミルクで炒め煮に。

どんな味になるのか不安でしたが、
「コクがあって美味しいわ!」
との感想が漏れたように、ほんと美味しい!

「ジャガイモのチーズ焼き」のような、
コクと濃厚さがあって、食べごたえ十分。

翌日、どうしてもまた食べたくなって、
作ってしまうほど。
これは、家でも定番のジャガイモ料理になりそう。

帆立の刺身とわかめのチョジャン和え(韓国)
20170826帆立とわかめのチョジャン和え
生食用の大ぶり帆立と、
ワカメ、キュウリ、カイワレを
食べる直前までキンキンに冷やしておき、
コチュジャンベースの酸味のあるタレ、
自家製「チョジャン」で和えたもの。

こちらも、
「美味しいわねぇ!」
「タレ、思ったほど辛くなくて、美味しい!」
を頂きました。

「チョジャン」、初めて作りましたが、
美味しいですねぇ。
茹でタコやエビなど、他の魚介でも合いそうです。

空芯菜炒め(中国)
20170826空芯菜炒め
この日のために収穫せずに、
茂らせておいた自家栽培の空芯菜。

最近スーパーで見かけるようになりましたが、
「空芯菜」なるものを始めて食べたのは、
15,6年前にNYに行ったとき、
現地の中華系のレストラン。

日本で「野菜炒め」と言ったら、
キャベツやらニンジンやら、
色んな野菜が入っているものですが、
空芯菜のみの炒め物が出てきて、
ビックリしたのを覚えていますねぇ。

空芯菜が旬のこの時季にしか、
お出しできない一品です。

厚揚げと豚肉とトマト煮(ヴェトナム)
20170826厚揚げと豚肉の煮物
日本でもなじみ深い厚揚げ豆腐ですが、
ヴェトナムでは、生のトマトと一緒に煮込みます。

豆腐と同じくらいの量の豚肉と、
魚醤の旨味、トマトの旨味で、
あっさりなのに、しっかり旨味のある煮物です。

エビと卵炒め(上海)
20170826エビと卵炒め
数年前に上海に2度目だかに行ったとき、
上海料理レストランで食べた料理。

上海料理は、
中国料理の中ではあっさりしてて、
海も近いので海鮮ものが充実してて、
素材の味を生かした味付けは日本人好み。

エビをあらかじめ下処理しておいて、
強火で一気に卵を半熟に仕上げるのがミソ。

グリーンカレー&ジャスミンライス(タイ)
20140809グリーンカレー&ジャスミンライス
久々にテッパンのグリーンカレー。

杏仁豆腐
20170826杏仁豆腐
今日は、デザート付きです。

今日も皆さん賑やかで、大笑いもあって、
楽しそうでしたねぇ。

ガン治療中のお客さまも、
「当日まで行けるかどうかわからない」
とのことでしが、無事ご参加くださって、
前回より随分と顔色がよく、
声の張りも以前のように戻り、
医師からアルコールの許可も出たそうで、
ほんと、良かった。

そんな中、今日は、一趣向が。

前回、北海道の100キロウォーク参加のため、
欠席された方がご参加くださり、
100キロウォークで見た風景や様子を、
絵に描いて来てくださって、紙芝居風にご報告。

皆さんも興味津々で、色々質問も出てましたねぇ。
貴重な体験のリポート、ありがとうございました!

お帰りの時には皆さまから、
「今日も美味しかったよー」
「ごちそうさまー!」
と言って頂き、お口に合ったようで良かった。

次回の日程も決めて頂き、ありがとうございます!
それまでお元気でお過ごしくださって、
皆さまのご参集をお待ちしております!

今日は夜営業もあったので、
12時間、ほぼ立ちっぱなしの長期戦でしたが、
10年ぶりのご来店があったり、
闘病中の方もお元気に参加くださって、
忙しいながらも、とても嬉しい日となりました。

ところで、
今年の夏は、久々のご来店が続出。

2年ぶりにフランス在住の方が、
5年ぶりに朝日新聞の記者さんが、
10年ぶりのご来店に至っては、2回も!

当店のことを思い出して、
わざわざ足を運んでくださるなんて、
こんな有り難いことはありません。

まだまだ12年目の当店ですが、
やめずに続けていればこそ、
こんな嬉しい、感慨深いご来店があるのですねぇ。

皆さまに心より感謝。
スポンサーサイト