ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



偶然のつながり➀:「ミッドナイト・バス」編

20170914ミッドナイト・バス

今日は、トマトをご予約のグループさまや、
ほんとお久しぶりの方々がご来店。

そして偶然の再会が、立て続きに起こり、
1セクションでは記録できないほど。

ということで、2編仕立てで、
本日の出来事を記すことに。

まずは、本「ミッドナイト・バス」編。

今日はトマトの冷製パスタをご予約の
グループ様に始まり、
お久しぶりの「母娘さん」がランチにご来店。

「平日なのに、お二人一緒なんて珍しいな・・・」
と思ったら、
お母さま、娘さんと「ご報告」がおありで、
ご来店くださったとのこと。

まず、お母さまから。

今日着てらした洋服は、
去年の12月に当店の展示でお求めくださった、
着物生地を使ったチュニック。
20170830反物の洋服
着物地の反物から私が作ったもので、
「今日、初出しなんです~」
とのことで、
とてもお似合いになってて、良かった。
ありがとうございます。

またお母さまの方は最近、
某教会のイベントに参加されたそう。

そこで本の紹介コーナーがあり、
日報さんの創業記念事業で映画化された、
「ミッドナイト・バス」を紹介されていたそうで、
紹介した方が、
「『杜々』さんで紹介された」
とおっしゃったとか!

思い当たる・・・・

実は、2週間くらい前に、
オーナーの「本友」でもある常連さまがいらして、
「今度教会で本を紹介しなくてはいけないんだけど、
何かいい本ないかしら」
と聞かれ、
読み終わった「ミッドナイト・バス」を、
オーナーがご紹介。

オーナーが購入した本は、
他の常連さまにお貸ししていたので、
手元になかったため、
「私も手に入れたい」とおっしゃるので、
耳が不自由でらっしゃることもあり、
代わりにオーナーが日報営業所に電話注文。

すると、30分もしないうちに届けてくださって、
「えー!、もう着いたの!すごい!」
とお客さまもとても喜ばれたことが。

まさか、イベントで、
当店の名前を出してくださったとは・・・
有り難いことですねぇ。

それでこちらのお母さまも、
「ミッドナイト・バス」を借りて、
2回目を読み始めたとか。

思いがけないところで、
思いがけない繋がりが生まれるのですねぇ。
有り難いことです。

一方、お嬢さま。

10月から半年間、ワーキングホリデーで、
オーストラリアに行くことになったそうで、
語学留学&幼児英語教育法を学ぶそう。

2年くらい前に、
「現地に友達がいるし、留学してみたい」
というようなことをおっしゃってて、
「行けるチャンスがあれば、
絶対行ったほうがいいですよ!
知り合いがいれば安心だし!」
とお話ししたことが。

ついに決断されたんですねぇ!
素晴らしい!

お帰りの時、
「そうだ!」と思い出し、
「大きめのスーツケース、要ります?」
とお声がけ。

実は、3月に上海から戻り、
新潟駅で車にスーツケースを乗せたら、
取っ手が一つ外れてしまい、
とはいえ、他は全然問題なくて、
使おうと思えば、まだまだ使えるのだけれど、
どうしたものかと迷っていたところ。

見てから判断してももうらおうと、
店に持って来てチェックしてもらい、
もらってくださることに。
20170830愛用のトランク

実は来月で、
「10年パスポート」が期限切れるのですが、
この10年、ずっとこのスーツケースを愛用。

10年前「ダルニー奨学金」ツアーで、
タイの奨学生に会いにタイの村々へ行くことになり、
パスポートもその時に新たに更新。

文化交流で浴衣やら、
奨学生にあげる文具品やら、
思った以上に大量の荷物になり、
スーツケースもこの「7~10日用」に新調。

それからタイ、ラオス、韓国、ヴェトナム、上海、
北京と、これと共に10回は海外に出ています。

傷もあるし、各国で貼られた、
シールで使用感たっぷりですが、
「お守りだわね」とお母さま。

結構、大量に荷物が入るので、
半年の留学なら荷物も色々あるでしょうから、
お役に立てればうれしいです。

オーストラリアライフ、ぜひ元気に楽しんで、
無事ご帰国ください!

まさか、オーナーがお勧めした
「ミッドナイト・バス」から、こんなことになるなんて。

どこでどう人の縁や思いが繋がるか、
分からないものですねぇ。
皆さまに感謝。
スポンサーサイト