FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



秋の風物詩

20171016みの柿➀


沢山の野菜と柿を頂いた昨日。

早速、渋柿の「みの柿」を、
自然に熟させるために、
2階の窓際にずらーと陳列。
20171016みの柿②

毎年の当店の秋の風物詩ですねぇ。

渋が抜けて食べられるようになるのは、
透き通るような、濃く赤い柿色になり、
ブヨブヨ、トロトロの硬さになってから。

私はほとんど食べたことありませんが、
オーナーが大好きで、ほぼ一人で独占。

いつぞやの年には、
2Fでお食事会をされたご婦人方が、
並んだ柿を見て、
「来週あたりが食べ頃だわねぇ。
その頃にまた来なくちゃだわ(笑)」
とおっしゃことも。

昨日の夜は2Fで「ヨガ教室」があり、
「ドン」と何かが落ちる音がして、
「きゃっ!」、「わっ!」
と女性たちの驚く声が聞こえてきました。

不安定だった柿が落ちてしまったようで、
お騒がせ致しました。

毎年難儀して収穫しては、
お福分けしてくださる方のお陰で、
店にこもっている我々でも、
季節の移り変わり、実りの秋を、
しみじみと実感することができます。
心より感謝。
スポンサーサイト