FC2ブログ
ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々
「ぎゃらりーさろん とど」と読みます。住宅街にひっそりたたずむアットホームなギャラリー&カフェです。

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

ぎゃらりぃ・茶ろん 杜々

中越地震で一部崩壊した、当時築102年だった栃尾の中野俣小学校の床板を使用したギャラリー&カフェです。
●〒新潟市東区東明4-3-22
●℡&Fax: 025-286-5334
●Open: 11~17時
●定休日:日曜日(連休を除き、祝日は営業日します)
●駐車場:4台(ご予約頂くと確実です)
●Email:gallery-salon-todo
@hotmail.co.jp
●地図などはこちらをクリック!
アクセス



お店情報



新着ニュース



ブログカレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



HIT



リンク



PR



月別アーカイブ



上海の味を再現

20170224豫園商城フードコート②

20170224豫園商城④
上海豫園商城のフードコート(201702)


昨日頂いたセロリの続き。

今年の2月~3月に行った上海で、
豫園商城のフードコートに行って、
好きなものを色々選んで、ランチをしました。
20170224豫園商城⑤

特に、焼き餃子が初めての味で、
中身はこんな感じ。
20170224豫園のランチ➀

初めての味の餃子、と言っても、
どこかで食べたことある風味が・・・

しばらく考えて、
「セロリの香りだ!」とつながりました。

ただ、葉っぱは、妙に濃い緑色だし、
日本で売ってるセロリではないよう。

中国野菜に「芹菜」といって、
セロリに似ている野菜があるので、
多分、それが入っていたよう。

香味野菜の風味が、
大人の餃子って感じで気に入って、
「野菜餃子って美味しんだな・・・」
と再発見。

というのも、
実はこれまで何度か訪れた中国ですが、
記憶に残るような味というか、
「帰ってから真似して作ってみよう!」
とまで思える味がなかった・・・・

しかも、ダメ押しというか、
中国行で中国東方航空を利用する時、
格安チケット&平日フライトが多く、
機内食は、餃子ばっかりで、こんな感じ。

東京→上海
2013年東方航空機内食

上海→東京
2013復路中国東方航空機内食
(東方航空の名誉のために記しておくと、
今年は急な渡航だったので、
正規料金&土曜日便しか取れず、
初めて「平均的な」機内食が出てきましたが・・・)

具は野菜のみで、
ジューシーじゃないし、
アツアツじゃないから、
分厚い皮は硬くなりかけてるし。

もう帰りの便では、餃子には手を付けず、
スイカとプリンだけ食べてきました。

そんな「中国粉モノ」のイメージが、
極めて悪かったところに、
今年の豫園で食べた「セロリ餃子」。

多少冷めていたものの、
「自分でも作ってみたい」
と思えたのだから、イメージ払しょくです。

セロリも沢山頂いたことだし、
「やるなら今でしょ!」
ということで、
一応、現地のレシピを参考に、
材料をそろえてみました。
20171111セロリ餃子➀

餃子の皮
豚ひき肉
セロリみじん切り
生姜みじん切り
ネギみじん切り
塩、しょうゆ、紹興酒、ごま油

途中で味見したら、
セロリの香りが弱いので、葉っぱを刻んで追加。
20171111セロリ餃子②
セロリは多めが良さそうです。

餃子の皮で包んで完成。
20171111セロリ餃子③

セロリをくださったオーナーのお友達にも、
おすそ分けすることに。
20171111セロリ餃子④

早速電話すると、
「今スーパーで、買い物したの、袋詰めしてたわ」
とのことで、
「あら~、セロリの水餃子?!、
うれしいわー、じゃ帰りに寄るわ」
とのこと。

いらっしゃると、
「これ」
とスーパーで買ってらしたと思われる、
柿が6個と青菜のビニル袋。

「いやいや!、
それじゃ、セロリのお礼にならないです」
「いいんだって」
「いやいや、ほんと」
という押し問答が続き、
「そしたら、柿を1個頂きます。夕飯の後に」
「そんなんだめよ」
「いやいや、ほんと1個で・・・」
「そしたら、3個置いてくわ、1個ずつ。
小松菜は、『もらったの』だから」
「あー、すみません・・・・」
20171111セロリ餃子⑤

かえってすみませんでした。
そんなつもりじゃなかったのに・・・・
お気遣い、有り難く頂戴します。

夕飯に、水餃子にして試食。
20171111セロリ肉餃子
もっとセロリを入れたほうが、
豫園で食べた味に近づきそう。

もうちょっと改良、試作して、
次の「アジア料理を食べる会」で、
お出し出来たらと思います。
スポンサーサイト